« 2005年11月13日 - 2005年11月19日 | トップページ | 2005年11月27日 - 2005年12月3日 »

復活イシバシレシピ 第8回(カツ丼)(BlogPet)

いつも、sugiは
なにせ耳をつんざく高実感で、初めて聞いたときには「なんの実感?」と思いましたが、オリジナルより「戦うぞ!」って雰囲気で、落ち込んでいても元気がでます。
っていってたの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「おやすみぱんだ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

歯医者さんはお好き?

あの何とも言えない匂いと、「ぎぃいいいい」という音、痛かった
思い出、怖かった看護婦さん(歯科助手さん?)など、私は二番目(?)に
苦手です。
しかし、今年の春先、花粉症(?)のくしゃみと共に差し歯がとれてしまい、
数年ぶりに、しぶしぶ近所に新しくできた歯医者さんに通い始めました。

恐る恐るドアあけると、なにやら明るくおしゃれな待合室。モニターに
は、きれいな風景のビデオが流れ、受付の若いお姉さんのにこやかな
「こんにちは」の声。 イメージしていた歯医者さんの雰囲気とは異なり
ました。気がつくと、あの歯医者臭さの匂いもありません。

それでも、おっかなびっくり、順番になって診察室に入ると、これ
もまた明るくきれいな診察ブースがいくつかあって、それぞれの診察椅子
の横では、受付で流れていたビデオが流れています。
音楽は軽いレゲエ。
レントゲンをとりましょう」 と小部屋で撮影し、診察台に戻ると
さっきまできれいな風景が流れていたモニターが一転、今撮ったレント
ゲンの写真が表示されました。もちろん拡大も思いのまま。
後からうしろをのぞくと、なんのことはないパソコンでしたが、その
時はついつい単純に感心してしまいました 笑

抜けたところの修繕の準備をし、終わるかなと思ったら、「じゃ、今日は
あと前歯のところを磨いておきましょう」とのこと。
これがまた、あの"ぎぃいいい"って音もなく、痛くもなく、あらびっくりってくらい
きれいになってしまいました。先生も矢田亜希子に似ている歯科助手の
お姉さんもにこやかででした。

すっかり気をよくした私は、それから毎週通い、抜けたところの直しだけで
なく、最近までかかって、それまでほっておいたところもすべて修理完了。


そんな、優しい歯医者さんですが、あれは昔の歯医者さんと同じ。
これは仕方がないのですかね。 笑

痛いですか?」
「うごうごうご...」 (口の中で作業しているで答えられん~)

これでどうですか?」
「うがががが...」(だから、口の中の道具どかしてよ)

「麻酔まだ効いてますか?」
「-」(口が動かん)


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

あの曲が聴きたい! その3 冬のトランペット

冬、トランペットと言っても、ニニ・ロッソのお話ではありません。(好きだけど)

"ハイトーンのトランペット"と言ったら誰を思い浮かべますか?
私は迷わずこの人、メイナード・ファーガスン

"ロッキーのテーマ"と「ニューヨークへ行きたいか!」
ウルトラクイズで有名になってしまった「スタートレックのテーマ」でおなじみ。

"ロッキーのテーマ"は、オリジナルよりテンポアップした激しいアレンジで
オリジナルより有名かもしれませんね。ヴァンゲリスのオリジナルより、
アーニーワッツの方が賞を取ってしまった「炎のランナー」みたい?
なにせ耳をつんざく高音で、初めて聞いたときには「なんの音?」と思い
ましたが、オリジナルより「戦うぞ!」 って雰囲気で、落ち込んでいても
元気がでます。

でも、私が聞きたいのは、「アンクルジョーのテーマ」。
ロッキーのスタッフが後に作った「Uncle Joe SHANNON」という映画の主題曲で、
不幸な出来事から酒浸りになるジャズマンと病気の少年の物語。
そこで劇中、クリスマスの夜空に流れるトランペットの曲がこの曲です。
ロッキーのテーマのようにアップテンポなのですが、ロッキーと違って、すごく
哀愁を帯びたメロディをメイナード・ファーガソンが吹くのです(劇中は主人公)。
もちろんハイトーンで。

実はこの映画見たことがありません。
昔聞いていたFMの映画音楽番組で、この曲を知り、その哀愁を帯びたメロディが
好きになってしまいました。しかし、入手できたのは、その時エアチェック
したカセットテープと数年後手に入れた映画のチラシのみ。カセットは何度も
繰り返し聴いているので、口パク(?)で歌えます 

冬が近づくとこの曲を思い出し、その度にいろいろ探すのですが、ビデオも
サントラも見あたらないないのです。
映像はともかく、サントラ(音楽担当は、ロッキーと同じビル・コンティ)や
メイナード・ファーガソンのアルバムにも見あたりません~

聴きたいよー 

何かご存じの方がいらしたら、是非ともお教えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今週の水中歩行 とアクアビクス

歯医者で1回行かなかったので2週間ぶり。またまたスポーツクラブの
水中歩行クラスに参加。

前回苦しめられたバー飛び越えも無事クリア。
でも、つま先上げ歩きは相変わらず痛い。先生によるとすねが鍛えられて
K1のようなキックを打つのによいとか。
でも、先生、一般人キックしないよ 笑
で、あっと言う間の30分。今回は新しい技はなく、ちょっと残念。

体が慣れたのか、余裕を残して終了だったので、引き続き行われるアクア
ビクスに初参戦。
でも、参加者は私と水中歩行に引き続き、流れで巻き込んだ友人の2人きり。
またもや個人特訓の悪夢か!?

内容は、グロープをつけ、音楽にのって(曲はなぜかビリージョエルの
uptown girl)水をかいたり、飛び跳ねたりというもの。なんとなく、調子
よくこなしていたのですが、またもややってきました天敵のバー
今度は左右1本づつ、バーの中心を持って、水の中でくるくる回す。
外から内へはまあまあクリア、反対の内から外へでそれはきました。
二の腕ぶるぶる

いやぁー終わってからのビールがおいしかったこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

復活イシバシレシピ 第8回(カツ丼)

今回はDVD版イシバシレシピ・前編に登場する浜松のとんかつ屋さん。
DVDでみたそれは、「バリバリ立つ」という石橋さんの表現通りのビンビンの衣、
柔らかくジューシーなとんかつがとてもおいしそうでした。
二回目の登場ではそれをカツ丼にするというので見ないわけにはいきません。
ずばり見たままのわかりやすいメニューで楽しみ。

まずは串カツ。
「玉ねぎにラードをしみこませる」なんて小技もありましたが、できた姿が
一目瞭然。軽くふわっと口の中に入る光景によだれが....

そして本題のカツ丼。
最初から、「味を付けるのは不本意」とのお言葉。
そりゃ、あのとんかつを見てしまうとねぇ....

「シンプル、余計なことはしない」ははぁ。
あのとんかつを見てしまうと何も言えません。

石橋さんが試食して「うぉー」を叫ぶ
ホントにおいしいものを食べるとこうなりますよね。

今週は見とれてしまって、もう書くネタが何もありません 笑
番組の最後にスタッフがおいしそうに食べる姿もずるいよ
ただ、うまそうだった。


さて、BGM。
前半は聞いたことがあるような、ないようなでほぼ全滅。ようやく、5曲目
の誰もが"土曜日"のスペルを覚えた"Saturday Night"にアースのSeptember
こちらも今回はお手上げ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

あの曲が聴きたい! その2 プログレな人

当時、音楽に詳しい友人が興奮して、なにやら新しいバンドの話をして
いました。でも、出てくる名前は「EL&P」「イエス」「キングクリムゾン」と
洋楽を聴き始めて間もない私でもわかる名前。でも、古いバンドばっかり。
今もそうですが、なぜか私の周りには昔からプログレな人が多いのです。
(私は、ちっともプログレじゃないんですが 笑)

そして、まもなく来日。
まだコンサートに行くなんてことをしなかった私は、その来日コンサートに
行くという友人の話を「へぇー」聞くだけ。でも変なコンサートで、会場は
武道館、平日の昼間から始まり、しかもTV中継付きという大がかりなのに、
ボーカルの人が突然こなくなったとか...誰が歌うんだ???

でも、その後実体がだんだんわかってきました。
その頃聴いていたロック、ポップの曲とは異なり、メロディの美しさ、ドラマ
チックでスケール感の大きい曲で圧倒し、大げさに言うと、衝撃とファンタ
ジーを受けました。でも、レコードのジャケットは龍だし、バンド名もなんだ
か曲のイメージとは違うし。
なんだろう、これは? でも、かっこいいからいいか とファンになり、追い
かけ始めました。

そして、数年後、社会人となり、このバンドを忘れかけていた頃、このバ
ンドは、各時代、ジャンルを超え、いろいろな人と結びつけてくれました。
会社の先輩、様々な友人と...ある時はプログレな話題(この頃は話ついて
行けるようになっていました)、ある時は、ロックバンド、80'sの話として
どんどん人の輪が広がってゆきました。

しかし、この話に反して、このバンド、メンバーが安定しませんねぇ。
再結成、来日なんて話を聞いたので見に行くと、当日会場で
 「メンバー変更のお知らせ」 
あのねぇ、みんなもっと仲良くしろよ....
このバンドの名前を名乗る以上、聴きたいのは、あの時の曲なんだよ....

このバンド、もうおわかりですね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

ライブに行く

久々にライブに行きました。
と言っても、学生時代の友人のライブ。
昔1~2回行っただけなのですが、今回は他の友人とも久々に再会できそう
なので、こちらも楽しみでした。

始まるまでに時間があったので、時間つぶしにスポーツクラブにいると
一緒に見に行く友人からの電話。
おぅ、もう中に入ってるぞ
数年ぶりなのに、久しぶりとかそういった会話はなく、つい昨日あったよう
にいきなり本題の話で会話できるのは、なんだかうれしいこと。

あわてて、会場に行くと、入り口でもう一人と合流。
中にはいるとちょうど1組目のバンドが終わるところ。
ビールを飲みながら、もう一組終わり、彼のバンドの番になりました。
オリジナルの曲ばかりだと正直つらいところもあるのですが、この日は
有名な曲のコピーもあり、また腕前もずいぶんあがっていたように思います。

また、会場はいつになくアットホーム。「パパーがんばって」と子供が声を
かけたり、家族連れや同僚らしき人が気軽に声をかけられる感じで、楽しい
雰囲気。こんな感じのライブって初体験。
音楽を聴くばかりですが、やるのも楽しそうです。(でも練習は大変そうですが)

いつものライブとはまた違って、和やかな雰囲気で、昔の友人にも会え、
楽しいライブでした。
Sさん、よかったよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2005年11月13日 - 2005年11月19日 | トップページ | 2005年11月27日 - 2005年12月3日 »