« お彼岸 | トップページ | 疲れるお店(BlogPet) »

動揺

姉さん、事件です。(赤川一平調で読む)

ちょっと古かったですね。
今日は太極拳の稽古の日。始まる前にストレッチして準備していると、
先生が突然、
「xxxさん、1月に見に来た大会のようなものに出たいですか? 」
「はい!?」
「これこれ、こういう協会が主催で、またそのうち同じような表演会がある
 ので、今度は出てもらおうかと思うのです。」
「へ!? は 、ほ」
「場所は、たぶん、またあそこ(1月と同じところ)ですよ 笑」
先生、ご冗談を...お戯れを...まだ若葉マークですよぉ。
峠はまだ走れません~?!


動揺しているうちに稽古開始。
前回の「姫様お手をどうぞ」(勝手に命名)から少し先までを練習。
そして稽古終盤。
「では、次に進んでみましょう。重心は左足にぐっとかけて、右足を前で少し
交差。そして、右足をあげて、左手であげた右足の甲をこう....パーン
と叩いて、左足を軸に90度まわって、足をおろす。重心は左足のまま」

え! 
右足あげろといっても、先生の見本はまっすぐ約150度
叩いてまわれって、片足で!?? そんな無茶な。

でも、早速、一緒に習っている方と2人トライしてみました。
「よっ」 2人とも足を上げても約70度。 はたくはずの左手は届きません。
いまだかって最大の難関です。
「先ー生、足があがりませ~ん。まわれませ~ん」
「柔軟がんばってください。そのうちできます。」
厳しいお言葉...

それから、終わりの時間まで、「よっ」、「ほっ」、くるっ~ふらふら、
どっすん。
左足が痛いよう....

|
|

« お彼岸 | トップページ | 疲れるお店(BlogPet) »

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89807/9216914

この記事へのトラックバック一覧です: 動揺:

« お彼岸 | トップページ | 疲れるお店(BlogPet) »