« セミナー | トップページ | 弘法も »

忘年会始まる

12月忘年会シーズンですね。みなさんの所はいかがでしょう。
と言いつつ、まだなんだか12月って感じがしないのですが、今日が忘年会
初日で、会社の方々と銀座(!)へ繰り出してきました。
でも、風邪からまだ回復できず、もうちょっと飲みたいところでしたが
なんだか自動ブレーキ....。
昨日の稽古の帰りは調子よかったんだけどなぁ...汗かいたから??


今日の忘年会でも話が出ていたのですが、"のだめカンタービレ"という
クラシック音楽がでてくる(?)ドラマが流行っているそうですね。
(全然知らないわたし)
クラシックって、よく聴くんだけど曲名がわからないとか、有名なフレーズ
のところはいつ出てくるんだろうとか、指揮者がどうの、楽団がどうのと
軽く聴いてみるには敷居が高いような感じもするのです。
でも、ドラマのように"画"とセットになると、わかりやすくなって、曲に親し
みを覚え、さらに印象に残ると思うのですがどうでしょう?

以前ここでもダイハード2の最後の方にかかるフィンランディア
取り上げたことがありましたが、"画"とあっていて、すっかり映画のオリ
ジナル曲だと思ってしまいました。
残念ながら"のだめカンタービレ"はわからないのですが、同じように昔
クラシック音楽がでてくるTVドラマがありました。
それは、天才マエストロが傲慢な態度から楽団を追い出され、田舎の学校の
吹奏楽部を面倒見ることに。そして、マエストロの心も...というドラマ。

服部隆之さんのメインテーマもきれいなのですが、ドラマで流れる、
マーラーの交響曲第五番からのアダージェットがすごいのです。
曲自体も"史上最も美しい旋律"と言われるそうで、透明感あふれるきれいな曲
なのですが、のどかな風景の画とマッチして、それがさらに際だっていました。
時が止まって、うっとりしてしまいます。
どこかで見つけたらぜひお試しを。

「それが答えだ!」 サウンドトラック・クラシック・ヴァージョン
B00005GM1H 服部隆之 ガリー・ベルティーニ リッカルド・ムーティ

東芝EMI 1997-09-03
売り上げランキング : 354657

おすすめ平均star
starとにかくいい!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« セミナー | トップページ | 弘法も »

コメント

sugiは楽団を追い出すとおもってる?

投稿: BlogPetのおやすみぱんだ | 2006/12/18 11:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89807/13072537

この記事へのトラックバック一覧です: 忘年会始まる:

« セミナー | トップページ | 弘法も »