« 気づいたこと | トップページ | 恩師からのハガキ »

交渉人

「交渉人」と言っても真下正義じゃなくて、サミュエル・L・ジャクソンと
ケビン・スペイシーの映画。
ちょっと古い映画ですが、見る機会がなく、見たいなぁと思っていたら、
なんと980円で売っていました。つまらないのかな?


話は、No1の人質交渉人のサミュエル・L・ジャクソンが、殺人&横領の濡れ
衣をきせられてしまい、潔白を証明するため、人質を取って立てこもります。
彼が交渉人に指名するのが、別な地区のNo1人質交渉人のケビン・スペイシー。

彼ら2人のやりとりと犯人捜しのサスペンスに引き込まれ、見入ってしまいました。
なんだかこの価格でとても得した気分。
どんどんストーリーに引き込まれ、どうなるんだろうと自分がドキドキるような、
こんな映画が見たいものです。

交渉人 特別版
交渉人 特別版 サミュエル・L.ジャクソン ケビン・スペイシー F・ゲイリー・グレイ


おすすめ平均 star
star話言葉が主役とは
starストーリーと役者のバランス
starそこそこかな?
star純粋に面白い
star脚本の素晴らしさ。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 気づいたこと | トップページ | 恩師からのハガキ »

コメント

この映画、私も見たことあります。
結構面白い映画でしたね。
題材が”ネゴシエーター”ですから、この手の映画は脚本の良し悪しに出来が左右されますよね。
これは、とてもよく出来た1本だと思います。

投稿: golden_70s | 2007/04/18 22:32

golden_70sさん、コメントありがとうございます。
ご覧になっていましたか。
彼ら2人の演技もそうですが、おっしゃるとおり、この話では
脚本がすべてですね。
私もよくできた脚本だと思いました。

投稿: sugi | 2007/04/18 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89807/14686644

この記事へのトラックバック一覧です: 交渉人:

« 気づいたこと | トップページ | 恩師からのハガキ »