« 2007年4月22日 - 2007年4月28日 | トップページ | 2007年5月6日 - 2007年5月12日 »

急に思いたって(BlogPet)

今日は、ネットでこうさぎをBLOGしたいはずだったの
今日は、ネットでこうさぎなど思いたってみました
急に思いたって
今日は、こうさぎとか、大きいこうさぎとか、大きいこうさぎや広いこうさぎとか思いたって、ネットでこうさぎとか思いたって
今日は、こうさぎをBLOGしたかった
と、sugiは考えてるはず。


*このエントリは、ブログペットの「おやすみぱんだ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ぶらりたび その3

ぶらりたびの最終回は、食事編。
いろいろおいしいものはあるとは思うのですが、今回食べてみたかったのは
どうせお寺を見に行くのならと精進料理。修行の一環(?)ですもの(笑)

このお寺では、普茶料理という精進料理が有名だそうです。
けれど、予約は1週間前、3名以下では弁当タイプだそうなので、急に思い立った
ぶらりたびでは断念。
 その代わりに門前にある老舗の普茶料理のお店へ。

ホームページから予約ができて、
当日になってしまったら電話でもOKとの
こと。前日に予約して行ってみました。

着いてみると立派な料亭風のお店。
1階の広い座敷に案内されました。

蘭茶とお菓子から始まり、最初は胡麻豆腐。胡麻豆腐大好きです。
食感は滑らかですが、とても濃厚な味。うーん、さすが。
続いて吉野葛で野菜や木の実を和えた煮物と和え物。
煮物はほのかに暖かく、いい味がついています。精進料理恐れ入りました。

続いてきたのが、菜煮の盛り合わせ。
彩りと言い、食べるのがもったいなく
なるくらいきれいです。

それぞれ何でできているかわかります?

さらに味付天ぷら。予想に反して、
熱々で出てきました。
これは準備に相当手間がかかりますね。
値段もそれなりなわけです。

しかし、この天ぷらのおいしいこと。
手前の蓮根は格別です。
昆布はぱりぱりとしてお煎餅みたい。
奥の茶色のものは、なんと梅干しです。
ちなみに、途中からお茶が熱いウーロン茶になるところは、中国らしさなのかな。

すまし汁のお椀。中には湯葉ともうひとつなんだろう??
とても上品な味付けでした。
季節のご飯は、お茶の葉をちらしたご飯でいい香り。

香の物の昆布。
椎茸昆布でしょうか。これうますぎ。
これだけでご飯が進んでしまいます。


水物。デザートですね。これは。カクテルグラスに入った、フルーツ。
底にはプアール茶のゼリーが隠れていました。でも、ここまでくると
精進料理の域をこえちゃっている感じかな。

最後は抹茶。
最初は、お腹いっぱいになるのかなと思いましたが、お腹も味も、彩りも
満足。いや~精進料理、びっくりしました。

会計の際に、ホームページにあった"ネット特典"を印刷していったものを
渡すと、おみやげにゆず味噌をいただき、うれしい限り。
また行くことがあれば、ぜひ寄りたい所になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ぶらりたび その2

こんかいの"ぶらりたび?"は、以前から行ってみたかったところと
子供の頃に行ったところの2つがテーマ。
急に思いたったので、あまり準備もせず、ほんとに"ぶらりたび”~

子供の頃、たぶん4~5歳だったと思うのですが、両親に連れられて行った所。
どうやって行って、どう入ったかなんてことは覚えていないのですが、荘厳な
雰囲気と、目の前に広がる景色がとても広く感じられたのを覚えています。

 今回数十年ぶりに訪れてみると....

雰囲気は少し感じられたのですが、
え、こんな広さだったっけ?と
いう、自分でも意外な感想。

これは、自分の年齢のせいか、
いろいろな経験のせいか、
今現在の気持ちのもちようなのか
わかりませんが、ちょっと微妙な気分。

そして、もうひとつは一度行ってみたかった所。
こちらは、昨日の記事の写真のお寺。
話に聞いていたとおり、品格があって、近所のお寺とは大違い(笑)。
(その近所のお寺の本山ですので、当然ですが)
もちろん和風なのですが、その歴史のせいかところどころ中国風の箇所が
かいま見え、静寂の不思議な空間。
一時でも日頃の頭のもやもやが消えていたみたいでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ぶらりたび?

ぶらりたび?
急に思いたって、出かけてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年4月22日 - 2007年4月28日 | トップページ | 2007年5月6日 - 2007年5月12日 »