« カーネーション | トップページ | 歳をとっても »

甲府へ

連休ももう終わりですね。
どちらかへ行かれましたか?

去年は、突如思い立って京都に行きましたが、先日、今年もまた突然
思い立って甲府まで行ってきました。
"8時ちょうどのあずさ2号で~♪"ではなかったのですが、最寄りの駅から
"あずさ"や"かいじ"に乗ればあっという間の90分。

どうしてまた甲府?
ちょうど、この本を読んでいたから十津川警部のまねをして、ということでも
なく、この間TVで近場の温泉特集をやっていたので。

愛と復讐の桃源郷 (角川文庫 に 4-75) 愛と復讐の桃源郷 (角川文庫 に 4-75)
西村 京太郎

by G-Tools

甲府は、子供の頃に来たことがあるらしく、アルバムには祖母と信玄公の
銅像の前で撮った写真が一枚....うーん覚えがないなぁ。

P1000579 甲府の駅には、宿の車が送迎に来てくれて
いて(日帰りなのに!)、その車で15分ぐらい(?)
行った山の中にある温泉。

こんな感じで甲府の町を見下ろす露天風呂に
入っていい気持ち。

P1000585 後から聞くと、行ったところの宿の本館(写真)
の方に、家族の人が湯治に来ていて、それの
出迎えに甲府へ来たんだそう。
偶然ながらびっくり。

帰りも送迎の車に乗せてもらって、甲府駅まで。
電車までに時間があるので、駅から数分のワイン醸造所へ。
毎年秋に日比谷公園で山梨ワインの新酒祭りがあるのですが、その話
で販売所のおじさん(新酒祭りにいらしていたそう)と盛り上がってしまい、
秋の再会を約束して、次に併設しているカフェでお茶。

カフェと言っても、そこは醸造所。ちゃんとワインも飲めます。
そう聞いたからには、コーヒー、紅茶はもうどこかへ行って、カフェのお姉
さんのお勧めワインを一杯。
メニューの中では、高いほうでしたが、さてお味は...

あら美味しい♪
深みがあって?コクがあって? 表現はよくわからないのですが、濃厚で
美味しい味。
"もう一杯いかがですか"なんて言ってくれるのですが、これは、飲み始め
たら止まらなくなりそうなので、泣く泣く辞退。
酔っぱらって帰れなくなりますもんね。
200804241519000

 そして、締めは、アルバムに残っていた
 信玄公の銅像を写真に撮って、かいじで
 帰還。
 (銅像の前に行っても、思い出せません
  でした)

  宿の人も、醸造所の人も、カフェの人も
 みなさん和やかで、よく話しかけてくれて
 温かみを感じるところでした。
 こういうのっていいですねぇ。

|

« カーネーション | トップページ | 歳をとっても »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89807/41101681

この記事へのトラックバック一覧です: 甲府へ:

« カーネーション | トップページ | 歳をとっても »