« 急行するつもりだった(BlogPet) | トップページ | ♪お出かけのテーマ »

今週のお稽古 ~キョンシー~

稽古のはじまる前、ストレッチなどをしていると、
先生がホワイトボードに足の裏の絵。
 "湧泉"
丁度、足の裏の真ん中あたり、湧泉で立つのが基本という解説でした。
両足を少し開いて、少し腰を落とす。
この時、足は突っ張らないで、もちろん両足均等に力がかかるように。
これが、なかなか難しい。
私の場合は、どうしても右足側に力がかかってしまいます。
「ん~右腰が悪い?」
どうでしょう?  そうかもしれません。

続いて、横から見た人間の立ち姿。胸のあたりがふくらんでそった
ような感じの絵と難しい漢字4文字。
 含胸塌腰「がんきょうとうよう」 

胸を反らさないで、内側におさめる感じ。
すると、ずぅっと力が下に落ちて行きます。
なんだか、どっしり構えられるような感じがします。

その他にも、同様にホワイトボートでの説明と、実際の動作とで
基本である、気沈丹田沈肩墜肘虚霊頂勁 という言葉とその意味、
動きを教えていただきました。
(これらの意味と動きはまた次回のお楽しみ)

なるほど、これまで、先生に「はい、もう少し腰を沈めて」、
「体重をのせて」、「ゆるめる」と言われていたことが、どうして必要に
なるのか、どういう意図であったのかが、よ~く理解できました。
ずっと練習をしてきて、形だけではなくて、その意味がわかる時
なんだかとっても嬉しい日になりました。

そして、先生のお手本を見ると、確かにその通り。
これまで、"先生がするとどっしり力がかかったような感じがするなぁ"
とか、"ぶれないなぁ"と感じていたのは、すべて、これらの基本にそって
動いていたからでした。

さあ、わかったところで、ホワイトボードに書かれている文字を見ながら、
これらを意識しながら、老架一路の最初から練習です。
確かにそれらしく出来たものは、ずんっとおさまりますし、安定してきます。
でも、まだまだ意識しすぎて、かえってメロメロになったり、動けなくなって
しまう動作ばかり~

大切な教えの言葉ですが、なんか顔にお札を貼られて動けなくなるあれみたい...(笑)


◆趣味悠々の太極拳講座終わってしまいましたね。
 全然知らない方には、難しかったかなぁ。でも、始めると面白いですよ

 東京・霞ヶ関中国武術教室
 お問い合わせは kasumi.chinsiki@gmail.com にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ

|

« 急行するつもりだった(BlogPet) | トップページ | ♪お出かけのテーマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89807/41373009

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のお稽古 ~キョンシー~:

« 急行するつもりだった(BlogPet) | トップページ | ♪お出かけのテーマ »