« 2008年3月16日 - 2008年3月22日 | トップページ | 2008年3月30日 - 2008年4月5日 »

P1000004太極拳の交流大会でバタバタ
しているうちに、世間はすっかり
桜が咲いていました。
 
最寄り駅からみえる、某(?)玉川上水
もこの通り。
(よくわからない写真でスイマセン)


桜と言えば、稽古の帰りに寄った、今話題の赤坂サカスもきれいでした。
ちなみに....以前掲載した"あるビルのできるまで"のビルは、この赤坂サカスの
赤坂bizタワーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のお稽古 ~太極採気法~

今週は、交流大会が終わり、改めて基本に戻っての練習ということで
太極採気法というものを教えていただきました。

足を肩幅に開き、少し腰を落として、手は丹田の下に重ねておきます。
(手のひらの中央の窪んだところ、"ろうきゅうけつ"?を重ねるのだそうです)
舌を上あごにつけて、目は閉じるか、半眼に。呼吸は逆腹式呼吸。
息を吐くときは、ゆっくり長く吐く。
いくつか形があるそうですが、これは"無極とう"(先生、"とう"の字がわかり
ませんでした)という形?体勢?というそうです。
これを5分間。。。。。。。。。。。足がつらくなってきました。。。。。ふらふらです。
これが座禅なら、10回ぐらい叩かれているなきっと(笑)

これがよく出来るようになると、大地に根がはったように、どしんと立てる
ようになったり、套路を行う際も動きと呼吸にあわせることで、型の重み(?)が
違ってくるそうです。
確かに、薄目でそーっと前の先生を見ると、ふらふらの私とは違って、ぴくりとも
動きません~。

長い長い5分間が終わると、手、足、体をさすって終了。
このさするのも重要とのこと。(なんでかな?今度うかがってきます)
わかりやすい套路(型)から教わってきましたが、いろいろ奥が深いのですね...。

そして、套路と言えば、基本は8の字(上から見ると∞)に動く体重移動。
様々な套路で使います。
基本といいながら、いまだにうまくできない私。体重移動を意識するあまり、
足に余計な力をかけてしまい、しばらくやっただけなのに、汗は出てくるは、
腿のあたりは筋肉痛。おかげでその後の套路の練習はふらふら(笑)

形を追うところから、中身の理解へと進んで、もう少しうまくできるように
できるといいな。

◆こんな稽古をやってます~
東京・霞ヶ関中国武術教室
 お問い合わせは kasumi.chinsiki@gmail.com
にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大会終わる

今年も無事、太極拳の交流大会が終わりました。
去年もそうでしたが、参加される方の人数や団体の多さや幅広い
年齢層に驚かされます。
きっと私なんかは、一番新米の部類に入るんだろうな。

P1000003 私が参加させていただいた
ところは、24式太極拳、伝統拳、
陳式太極拳の三部構成。
本番直前、集合場所で
練習タイム。

最初の24式チームは人数が
一番多いので、並んだり、練習
に入るまでが大変そう。
今日も先生、声をからして
指揮されています。

一方、陳式チームは、私以外はベテランさん揃いなので、みなさん、そんな光景を
眺めながら余裕の表情でぶらぶら(笑)
けれど、直前練習をやってみたら、あらら、バラバラ!!
急遽、端に集合して再調整!

さて、本番。
観客席付きの大きなアリーナが本番会場です。
24式チームから演武開始。大勢の人数が一斉に太極拳を始めると壮観!
次の伝統拳チームがビシッと雰囲気を締めると、最後に陳式チームの出番。
前から5-4-5人の3列で、若葉マークの私は真ん中の中央(!)。
でも、このポジションだと前後左右の方を見て、動きを合わせられるので
実はよかったりします。

まわりの皆さんに遅れないように、かつ滑らかに動くようにだけ考えて
一、二の三~
不思議と緊張もせず、練習の時と同じ感じであっという間に終了。
これって、みなさんの落ち着いた雰囲気のせいおかげなのかな。
出来は....どうだろう? 去年よりは進歩したかなぁ。

でも、大会に向けて、皆さんと大勢で同じものをするのは楽しいですし、
自分にないところがわかったりして勉強になります。
またもうちょっとうまくなって一緒にできるといいな。

にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月16日 - 2008年3月22日 | トップページ | 2008年3月30日 - 2008年4月5日 »