« 2008年4月27日 - 2008年5月3日 | トップページ | 2008年5月11日 - 2008年5月17日 »

♪青い地球はてのひら

幼少の頃から、地図を見るのが好きです。
見ただけでどこかへ行ったような気になったり、ここはああなって、こうなって
いるんだとか想像をふくらませたり....。

野球の江川さんのワインの本で、ワインを覚えるのに、"名前ではなくて、その
ワイン実物のイメージを覚えた"というようなことが書いてありましたが、私も
同じく、どこかへ出かけるときは、地図を一度見ると後は見なくても、イメージ
が残っていて、おおよそ見当が着きます。
同じイメージ記憶なら、別な物について出来れば、もっと違う人生もあった
かも知れませんが(笑)

そんな私にとって、GoogleマップとGoogle Earthは、とってもいいおもちゃです。
特にGoogle Earthの方は、"ストーンヘンジ"と打ち込めば、地球がぐうぃ~んと
回って、"ストーンヘンジ"まで、あっという間に連れて行ってくれますし。

おっと、今回は♪マークでした。
前回と同じく、J-WAVEがまだJ-WAVEであった頃、よくかかっていた曲がこれ。
「かの香織/青い地球は手のひら」      試聴はこちら

ポップなリズムに甘い声のボーカル。この曲のドラムも、元Simply RedのGOTA
こと屋敷豪太さんでしたっけ?
 上海、サンフランシスコ、ブラジル、ミラノ、チュニジア~♪
 ベルリン、クリスマスアイランド、モスクワ、アテネ、ジャマイカ~♪
と、遠くへ飛んでゆきたい歌でした。
まさか、その後本当に、手のひらで地球が回るとは思わなかっただろうなー。


angel songs~the very best of cano caoli~
angel songs~the very best of cano caoli~ かの香織 菊池成孔 渡辺シュンスケ

Sony Music Direct 2007-06-13
売り上げランキング : 66332
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (2) | トラックバック (0)

♪ゴンザレス....

太極拳の先生に"棍ザレス"と命名された私の棍。(本人評価3点....笑)
ゴンザレスと言えば....野球選手じゃなくて、ゴンザレス三上
プロレスラーじゃありませんよ。

GONTITI(ゴンチチ)という2人からなるアコースティツクギターのグループの
一人です。
昔、J-WAVEがまだJ-WAVEだった頃(?)、彼らのアルバム「Devonian Boys」
からの"Tiny Lips"や"風の国"を聞いてファンになりました。
"風の国"なんかは、TVのBGMでよく使われているので、もしかしたら耳に
しているかもしれませんよ。

Devonian Boys
Devonian Boys GONTITI

エピックレコードジャパン 1990-04-21
売り上げランキング : 171216
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

また、アコースティツクギターと言えば、同じ頃Acoustic Alchemyという
その名の通り、アコースギターのグループもあって、
"Same Road, Same Reason"という曲がよくかかっていました。

Reference Point Reference Point
Acoustic Alchemy

by G-Tools

けれど、GOTITIは、なぜか優しく日本人の郷愁を誘う曲が多く、結局
GONTITIの方をよく聞いていたかな。

さらに、ゴンザレス三上さんのソロアルバム"gate of notion"もいいんだなぁ。
こちらはゲストボーカルが入って、さわやかで、かつさらに郷愁誘う曲が満載。
かの香織さんをフューチャーした"In the Schoolyard"なんかは、"大きくなったら
科学者になるんだ"という幼い自分のあのころを思い出させる曲で思わずどきり。
imageGate of Notion Gate of Notion
GONZALEZ三上 かの香織 甲田益也子

by G-Tools


アコースティックギターと言えば、フォークソングのイメージだった当時の
私を変えてくれた2つのバンド。さわやかな季節にぜひ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のお稽古 ~見えない何かが2~

今日は、都合により陳式太極槍の練習はお休み。
私の"棍ザレス"くん(先生命名)は自宅待機....

と言うことで、今日は太極採気法から練習開始。
最初は、無極トウ。姿勢が少しよくなったかな。でも、まずこれがびしっと
できないと、次の動静開合、混元トウが待ってます。
やっていると、いつの間にか汗びっしょり。もちろん手は真っ赤。

そして、今日はその後先生に言われるままに、自分の左手の手のひらに
ゆっくり、右手の指を近づけて行きました。すると....
指がもう少しで手のひらに着くというところで、指がすっと手のひらに
引き寄せられる感じが!
気だけに気のせいか(笑)と思って、何度やっても...不思議、不思議。
先生によれば、練習してゆけば、さらにもっと感じ方が敏感になってゆくそう。
なんだか楽しみです。

"太極拳はこのようなものです"  とは先生のお言葉。 かっこよく決めましたね!


さて、陳式太極拳、老架一路。今日は前から気になっていた、単鞭の手の回し
具合と各所にでてくる両腕を伸ばして押す動作の練習。

単鞭は体の右側で、両手で球をなでるようにする動作があります。
先生のお手本と比べると、このなでるような動作の時の手の軌道がとっても
変なのです。
先生に見ていただくと、手の軌道以前に、最初に行うべきの右足への体重の
のせ方からダメダメと判明。
足の付け根の回転の仕方、左足の回し方の修正と続いて、ようやく両腕に...

両腕を伸ばして押す動作も、これまでは単純に前に腕を出すだけ...
でも、しっかりやると両サイドから腕を中央に寄せていきながら前に出し、
中央に寄ったらさらに押すというのが正解。
わかるとなるほど、ここも、あそこもそうか!となるのですが、わかると
常にできるとの間には大河が流れているので、まだまだ練習しないと。

◆中身は濃いですが、和やかなところ
霞ヶ関中国武術教室
 お問い合わせは kasumi.chinsiki@gmail.com  にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歳をとっても

元気だなぁ~。

というのは、映画の予告編の話。
先日のランボーもそうですが、この人のこのシリーズがまた見られるとは
思いませんでした。

特に1作目が好きで、当時早朝開催の試写会に応募してまで見に行きま
したよ。 "聖櫃"ってなんだ?? って言いながら...

2作目でちょっとがっかりし、3作目でちょっと持ち直しした私ですが、
このテーマ曲を聞くと、心躍らないわけにはいきません。
さすがの巨匠です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲府へ

連休ももう終わりですね。
どちらかへ行かれましたか?

去年は、突如思い立って京都に行きましたが、先日、今年もまた突然
思い立って甲府まで行ってきました。
"8時ちょうどのあずさ2号で~♪"ではなかったのですが、最寄りの駅から
"あずさ"や"かいじ"に乗ればあっという間の90分。

どうしてまた甲府?
ちょうど、この本を読んでいたから十津川警部のまねをして、ということでも
なく、この間TVで近場の温泉特集をやっていたので。

愛と復讐の桃源郷 (角川文庫 に 4-75) 愛と復讐の桃源郷 (角川文庫 に 4-75)
西村 京太郎

by G-Tools

甲府は、子供の頃に来たことがあるらしく、アルバムには祖母と信玄公の
銅像の前で撮った写真が一枚....うーん覚えがないなぁ。

P1000579 甲府の駅には、宿の車が送迎に来てくれて
いて(日帰りなのに!)、その車で15分ぐらい(?)
行った山の中にある温泉。

こんな感じで甲府の町を見下ろす露天風呂に
入っていい気持ち。

P1000585 後から聞くと、行ったところの宿の本館(写真)
の方に、家族の人が湯治に来ていて、それの
出迎えに甲府へ来たんだそう。
偶然ながらびっくり。

帰りも送迎の車に乗せてもらって、甲府駅まで。
電車までに時間があるので、駅から数分のワイン醸造所へ。
毎年秋に日比谷公園で山梨ワインの新酒祭りがあるのですが、その話
で販売所のおじさん(新酒祭りにいらしていたそう)と盛り上がってしまい、
秋の再会を約束して、次に併設しているカフェでお茶。

カフェと言っても、そこは醸造所。ちゃんとワインも飲めます。
そう聞いたからには、コーヒー、紅茶はもうどこかへ行って、カフェのお姉
さんのお勧めワインを一杯。
メニューの中では、高いほうでしたが、さてお味は...

あら美味しい♪
深みがあって?コクがあって? 表現はよくわからないのですが、濃厚で
美味しい味。
"もう一杯いかがですか"なんて言ってくれるのですが、これは、飲み始め
たら止まらなくなりそうなので、泣く泣く辞退。
酔っぱらって帰れなくなりますもんね。
200804241519000

 そして、締めは、アルバムに残っていた
 信玄公の銅像を写真に撮って、かいじで
 帰還。
 (銅像の前に行っても、思い出せません
  でした)

  宿の人も、醸造所の人も、カフェの人も
 みなさん和やかで、よく話しかけてくれて
 温かみを感じるところでした。
 こういうのっていいですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月27日 - 2008年5月3日 | トップページ | 2008年5月11日 - 2008年5月17日 »