« 2008年7月27日 - 2008年8月2日 | トップページ | 2008年8月10日 - 2008年8月16日 »

電気スタンド

P1000669 開会式見ました?
すごかったですね。
何がすごいって、 出演者の人数(笑)
そして、時間の長いこと。
途中で寝ちゃいましたよ。

これは、昨日のオリンピックの開会式に
でてきた、地球ではありません。
(ところで、どうして、サラブライトマンなの?)


さて最近、カセットテープ、MD,ビデオテープ等の媒体って買ってます?
私は、ハードディスクだったり、touchくんのメモリだったりに変わってしまい
すっかり買わなくなってしまいました。

でも、FMラジオからのエアチェック(!)時代、カセットテープはよく買いました。
人それぞれ、好きなメーカがあったりして面白かったですね。
どこが好きでした?
また、ノーマル、クローム、メタルなどタイプの様々あって、
これぞ!って番組は、高いメタルで録音して...なんてことをしていました。

ノイズリダクションもいろいろあって、今や映画ですっかりおなじみのドルビーB,C
マニアな方に評判のよかったdbx、そして各メーカ独自のオリジナルシステム
などなど...

話が止まらないので、本題。この"地球"の正体は、電気スタンド(そのまま!)。
私は、TDKのカセットテープ派で、カセットテープについていた応募券を
集めて、これをもらいました。(他にもいろいろもらいましたが)

それからウン十年、夜、本を読むときの明かりとして、ムードランプ(?)として
ワインのお供に(笑)がんばってくれていましたが、先日ついに電球が切れました。
まあ、よくも長くもったものです。
代わりに中に入ったのは、電球タイプの蛍光灯。電力が安くて、長持ちするとか。
さて、オリジナルの電球くんに勝てるでしょうか。
既に、電球くんより明るくなってしまい、まぶしさに慣れる毎日~。

ナショナル パルックボール スパイラル D10形 電球40形タイプ 電球色 EFD10EL8
ナショナル パルックボール スパイラル D10形 電球40形タイプ 電球色  EFD10EL8
National
売り上げランキング : 9793

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ぱんだは(BlogPet)

おやすみぱんだは謎がほしいな。
sugiもほしいかな?

*このエントリは、ブログペットの「おやすみぱんだ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

暑い~

P1000108 今日は会社の休業日。
なぜだか、よくわからないけど休業日。
いやっほぅ~♪

しかし、こうも暑いと....

朝から洗濯屋さんに行かねば!
え、近所で安売りセール!
スポーツクラブで泳いだら気持ちいいかな?
お、またもや停止するのか、M銀行!
お金おろしに行かないと!

などと思っていたのですが、あちこち掃除してたら、すっかり出遅れ
てしまいました。暑いんだもの。

先日、名古屋でとんでもなく暑い日があったと聞いたので、
名古屋の友人にお見舞いメールを送ったのですが、
今日は自分にお見舞いメール....

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今週の太極拳稽古 ~イメージしよう~

今週は、先週できなかった陳式太極拳デー。

まずは、いつもの陳式太極拳の歩法の練習から。
足だけ、手をつけてと何度も稽古場を往復。
今日のポイントは後ろ足と、最初に相手を払う手の動作。
後ろ足は、前に持ってくる時に一旦前足に寄せてから前に出すこと。
払う手は?
「顔の前に飛んできた虫を払う感じ」

虫を払う? 。。。。。。。ぶーん

先生のお手本を見ながら、手を動かして、動きのイメージを考えます。
こうかな? もう少しこうかな?
体は勝手に動いてくれないので、あーだ、こーだと考えながら、練習。

他の体を動かす習い事をしたことがないので、一般的なのかどうか、
わかりませんが、
 まず概略の動きをつかむ。体だけでなく、考えながら、
 出来るようになったら、体重移動等の基本にそって、
 そして、その動きの意味を習って、理解を深めて、さらに磨く。
という繰り返しで少しずつ先に進んで行きます。

動きの意味を習って、本格的な動作になると、概略の時の動きから、ずいぶん
変わってしまって、焦ったり、動きが崩れてバラバラになって慌てることは
多々ありますが、ああそれはそういう意味なんだとわかって、相手に相対する
動きのイメージができると、面白くなるので不思議です。

なんとか形ができたところで、次の動きへ。
次の動き? 相手をはらって、よけて、半身に構えるで終わりじゃないのですね。
今度は何かな? 攻撃かな?

片足を前に出して、半身に構えた状態から、前に出した足を思い切り後ろにひいて
両腕は互い違いに前後に回し、前に来た手で、前を叩く。
うむむ。動作が大胆になって来ましたよ。
なんの動きだろう? 片手を前に出して、反対側の足を後ろにしている形は、
まるでジャニーズのダンスの決めポーズ??

次回へ続く...


にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ

霞ヶ関中国武術教室
 お問い合わせは kasumi.chinsiki@gmail.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

インディジョーンズ クリスタルスカルの王国

「インディジョーンズ クリスタルスカルの王国」を見てきましたよ。
場所はもちろん、東京 新宿プラザ劇場。
そう、スターウォーズと同じく、全作すべてを公開しているのは、ここ
新宿プラザ。最初と最後は、ここ新宿プラザで見ないといけません!

昔の映画ノートをめくったら、最初の「レイダース 失われた聖櫃」を
見たのが1981年11月15日。場所は、東京 新宿プラザ劇場。
なんと、一般公開の前に朝から劇場で行われた、早朝試写会というものでした。

それまでなかった冒険物。
スピルバーグ+ルーカス×ハリソンというのは、当時最もわくわくする組み合わせ。
そして音楽はもちろん巨匠ジョン・ウィリアムス。
今回も、ものすごいサントラを準備。曲を聞くと、映画の一場面が浮かび、
主人公になりきれる、そんな曲は巨匠以外にはありません。


さて、ここからはネタバレ含みますので、まだの方はご注意を。

これまでのエピソードを所々交えて、これでもかと続く洞窟。
ポマード猿には笑いました。
なんだこのバイク兄ちゃんは?と思ったら...

謎解きというより、どんどん次へ行って、まあいろいろ出てきました。
エピソードは、いくつわかりました?
 51番倉庫と言えば、アーク
 ジュニアと呼ぶな!
 ヘビ
 マリオン (登場も1作目と同じかな)
 パパ登場(あんな形で)などなど。

最後が、まさに"あの映画"で、ちょっとやり過ぎ(!?)感もありましたが、
ドタバタにならず上質に仕上げていましたかね。
もうちょっとインディの鞭の活躍シーンを見たかったところですが、
まあ、これは仕方ないですかね。髪の毛真っ白でしたし。
さらに、1作目みたいに、敵も、まわりの人々(1作目の船長さん好きでした)も、
もっと個性がでていてもよかったかなぁなんて、思いましたが、細かく考える
のはこの映画に関しては野暮ですかね。
(たぶん)最後のインディ純粋に楽しみました♪

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 オリジナル・サウンドトラック
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 オリジナル・サウンドトラック サントラ

ユニバーサル ミュージック クラシック 2008-06-06
売り上げランキング : 7319
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

トラブル、トラブル

会社の帰り、電車に乗ろうと駅のエスカレータへ。
この駅、改札が上にあるので、3階分ぐらい上にあがります。
すいていたので、歩いてあがろうとしたら、
ビーと鳴って、突然停止!
体が前につんのめってしまいました。(幸いにも倒れず、後ろの人もいないで)

昨日、ビックサイトでエスカレータの事故があったばかり。
ちょっとぞっとしましたよ。
横の階段で上まであがり、エスカレータを見ると、昨日のO社ではなく、
H社でした。
たまにエスカレータを降りたところで、キョロキョロして、降り口をブロック
する人にはあいますが、急に止まってしまうのは初めて。あー怖かった。

そして、帰りの電車。
ははは、またですよ。ルドルフさん。
あの電車。また落雷で、のろのろ運転。(>_<)
「この電車、この駅でしばらく発車を見合わせます。お急ぎの方は、平行して
走っています○線にお乗り換え下さい」
でも、今日はオチがありました。

慌てて、降りて、隣のホームへ向かう人。
私は、座れたし、急がなかったので、のんびりjourney鑑賞。
すると、「まもなく発車します。次の○駅でまた発車を見合わせます」
と発車したら、次の駅でもすぐ発車。すんなり帰れてしまいました。
あそこで、乗り換えたお急ぎの方より早かったかも。変なの...

それでは、お約束のリンジーバッキンガムのこの曲をどうぞ。
(う~若い!)

Lindsey Buckingham/Trouble

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

♪REVELATION/JOURNEY

あの頃のバンドが、まだこうして定期的に新譜を出してくれるというのは
嬉しい限り。それも、期待を裏切らないクオリティで。

このバンド、やっぱりあのハイトーンのボーカルが印象的。
彼がいなくなって、もう違うバンド、あの曲は聴けないと思ったら、
そっくりなボーカル登場。
恐る恐る見に行ったら、選ばれるだけあって、まずまず。
でもね、やっぱり、違うんだよな。

そして、今回の新譜。
またまた新たなボーカルが参加。
二枚組の一枚を昔の代表曲の再録盤とするだけあって、自信は本物。
1曲目のONLY THE YOUNGなんて、ドラムの音が若干違ってなければ、昔のものを
そのままつけた物かと...
これは、このままライブをこなしていけば、すごいことになるかと思いますよ。

でも、驚きは、新作のDISC1。
1曲目から来てます、来てます。(マリックさんじゃなくて)
歌えます。このボーカルさん。どこから見つけてきたの!
ニール・ショーンのウィ~ンと鳴るスペースギター(勝手に命名)にのります。
曲もガンガン行ってくれるものが多く、嬉しくなります。
バンドもまたまた若返ったような気がします。
バンド名の大看板と、偉大な前任者があって、大変ですが、この調子で
どんどん行ってくれると嬉しいな。

今回の新譜、カナザワさんのLight Mellow on the web ~ turntable diary ~
AORフリーク!さんで知ったのですが、まだ国内盤はなしとのこと。
久しぶりにタワレコに探しに行ったら、"J"のところになし。
タワレコももうダメかと思ったら、はじの方の試聴台の所にありました。
しかも二枚組で1890円。ちょっと複雑な気持ち。

聴けばわかるぞ、DISC1。

Revelation
Revelation Journey

Frontiers 2008-06-06
売り上げランキング : 146
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

« 2008年7月27日 - 2008年8月2日 | トップページ | 2008年8月10日 - 2008年8月16日 »