« 2008年10月12日 - 2008年10月18日 | トップページ | 2008年10月26日 - 2008年11月1日 »

♪Def Leppard vs Whitesnake 後編

飲み物飲んで、落ち着いて、席へ戻って、しばし休憩。
「いやーよかったね、すごいねー、よく見えたねー」
「近かったねー」

そう、この日の席は、南東のスタンド最前列! (初めてです!!)
花道付ステージのおかげで、距離が近く感じられ、自然に見下ろせる場所。
アリーナの人の方はかえって、見上げる形でステージの逆サイドは
見にくかったんじゃないかな?
ウドーさんの先行予約はんざ~い。とってもラッキーでした。

「またまた、楽しみだね、はやく始まらないかな」

Def Leppardは、何度見ても、これまではずれ無し。
誰が目立つというのではなく、チームワークが良くて、
いつもとってもいいライブ。

時間は21時ちょびっと前。
さあ、セットチェンジも終わり、第二部開演~

Whitesnakeでは、中央にアルバムジャケットだけを写していたステージの
スクリーン全面にGod Save The Queenにのって、ユニオンジャックが登場。
早くも盛り上がる場内。

過去のアルバムジャケットや当時の写真がパラパラと流れて、

Def Leppard登場 どっか~ん!

今度はわかるよ曲目が。
Photographでしょ、Love Bitesでしょ、Rocketでしょ、
Make Love Lke A Manでしょ、Rock Of Agesでしょ、
フィル・コリンは最初から上半身裸(笑)でしょ、
やっと座ったアコースティックコーナでは、花道で、4人ギターによる
Two Steps Behindでしょ
と、こっちもベスト構成。

Whitesnakeでは、すご~くがんばってた、お隣さんが二部では静かだったと
思ったら、今度は反対側のお隣さんが、がんがんがん。
間の我々一行は.....アコースティックコーナ以外、全部立ち上がって
皆勤賞! ...サビしか歌えないけど(笑)
こんなことなら、前日の稽古で張り切りすぎるんじゃなかった?!

Whitesnakeでは、アンコールはありませんでしたが、
こちらはアンコールに答えてくれて、
「Question!   Do you wanna get rocked?」


Let's Get Rocked(Live)/Def Leppard

終了 22時30分(ぐらい)。

とっても素敵なロックな夜...


当日のセットリストがウドーさんにありました。
凄いでしょ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

♪Def Leppard vs Whitesnake

いやぁ、すごすぎ。
たっぷり、たまりません!

行ってきました!
Def Leppard vs Whitesnake at 武道館!

東幹久ジョニーギルとかスクエア書いてたのに、浮気者!
なんて言わないでね。
ロックもポップもフュージョンも好きなんだもん♪。

Def Leppardは、これまで何度か見に行ったことがあるのですが、
なんと生Whitesnakeは、初めてであります。
ちらちらと聞いたことはあったんですけど、どっぷり聞いてはいなかったので
とっても楽しみでした。
新作買って、お友達にベストを貸してもらって、準備万端!?
行くぞ、武道館! おー

まずは見て下さい。武道館のこの垂れ幕。
涙出ちゃうでしょ?
みなさん、立ち止まって、撮影大会してました。


ライブは、まずWhitesnakeからスタート。
※もう今日で武道館終わり(?)なので、
  書いちゃいますよ。

アリーナ中央まで張り出した、花道。
暗転からライトがつくと、そこにデビット・カヴァーデルが登場。
1曲目は新作からBest Years。
うぉー なんだか、すごいぞ、その存在感。
ステージ両サイドの上には、巨大なモニタで、手元もお顔もバッチリ。

歌い続けるに従って、声の調子もよさそうで、高い音がよくでてましたよ。
2曲,3曲と進むにつれて、久しぶりのロックなコンサート、思わず
にやにやしちゃいます。

初心者(?)なので、曲名よくわかんなくってすいませんが、
Still Of The Nightのジャ、ジャ、ジャジャンと言うワイルドなギターとか
Here I Go AgainとかIs This Loveとか、ベスト盤で聞いた曲がでてくるでてくる。
そして、会場は合唱。
サビだけじゃなくて、すべて歌えるところが凄いです。

いいなぁ、すごいなぁ~
でも、この後まだデフレパードあるし、武道館だから遅くまでできない
だろうし、1時間ぐらいなのかなぁ....

しかし、心配御無用。
ギター2人のバトルありいの、なんと、終わってみると8時半
ぎょえ~1時間半も。
これって、アンコールをのぞいたフルバージョン!?

あちぃ、のど渇いた、腕痛い~(腕振り上げすぎた...)
ステージでは、セットチェンジ開始。
ガンバレ ステージ屋さん、わたしゃ、なんか飲んでくるよ~

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪ALL ABOUT YOU

昨夜TVを見ていたら、突然(?)でてきましたスクエア!
The SQUARE,T-SQUARE 今はどっちだ?
先日の30周年記念の野音のライブとドキュメント。
見ました?

最近加入した若手のメンバーにスポットが当てられていましたが、
懐かしのメンバー勢揃いのライブシーンはすごかったですね~
ドラムセット5台によるドラム祭り!長谷部徹さん懐かしい~
ベース対決も見たかったなぁ。

TV的には、Truthははずせないでしょうが、嬉しかったのは、ALL ABOUT YOU。

衝撃的(?)なCMで流れたTRAVELERSと共に、
大ブレイクしたアルバム「ADVENTURES」
を飾った曲ですね。

独特な音色のリリコンと、そのケーブルを肩に背負った伊東さんがかっこよく
当時縦笛でカッコをまねしました(笑)
最後のぷるぷるぷるぷ~と上がっていくところ(どこだ?)がたまりません。

そして当時見に行ったライブが、予想以上にロックな感じでビックリしたのを
思い出します。
メンバがよく変わりますが、もっと続いて欲しいバンド。 ガンバレ~
にほんブログ村 音楽ブログ フュージョンへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

高島屋探検

なんだか1週間分の疲れが出て、ごろごろしていたい週末でした。
けれど、ごろごろできずに、新宿高島屋まで買い物のお供。荷物持ち係で出動。
仕方がないので、きょろきょろした記録。

まずは、地下の紀伊国屋でしそ酢を捜索。
ところでうちでは、しそと呼びますが、よく大葉っていいますね。
なにが違うんだろう?

横の棚を見ると、京都原了郭の黒七味を発見。
京都の一子相伝で伝えられる、スペシャルな七味。北斗神拳みたいです。
これって、デパートでは、京都の高島屋とか伊勢丹にしかないものと
思ったら、東京でもあるんですね。
この黒七味、大辛!って感じではなく、複雑な香り。出会ったら一度お試しを。
やげん堀りの七味。やげんぼりと言っても、赤坂とかにある日本料理のお店ではなく
浅草にある七味の老舗。七味対決ですね。
でも、赤坂のやげんぼりのお昼を一度食べたかったなぁ。

中央迄行くと、大行列発見。
なにかと思ったら、魚久の切り落としを買う列。
人形町の粕漬の老舗ですね。へぇ~高島屋にも入ったんですね。

TVチャンピオンで有名になった、フルーツカットのお兄さんも発見です。
あの帽子がおしゃれです。でも、残念ながら、まだ準備中で、あの華麗な果物を
切る技は見学できませんでした。

そして、ご存じ(私だけ? 笑)王子の扇屋。
最近、テリー伊藤さんのお兄さん、アニー伊藤の築地の玉子焼きやさん丸武
有名になって、近所のヨーカ堂でも買えますが、私は玉子焼きと言ったらここ。
甘めのだしの味が最高に美味しいと思います。1日置くと、さらに味がしみて
たまりません。そして、玉子焼きと言えば、端っこが一番美味しいところ。
けれど、この日は、1本サイズがなく、半分サイズしかなく残念。

お腹がすいたので、13階のレストラン街へ。

でも....う~ん、いまいち、入りたいお店がありません。
じゃ、12階の鼎泰豐でいいか。 あれ、もう行列ができてます。やめ!
仕方がないので、手近のところで、線路の上の橋を渡って、向かいの
小田急センチュリーホテルのビルへ。
メキシコ料理にインド料理、そして、イタリアンのお店があります。
今日はイタリアンへ。

このお店、店内の段差と店員さん同士のイタリア語(?)がわざとらしくて、
あまり好きではないのですが、背に腹は、いえ、減り腹に腹は(?)
代えられません。
ところで、何って言っているのかな?
「何人さん、ご案内です~」なんて言っているのかな?

注文は生パスタがあるというので、イベリコ豚のカルボナーラリングイネ。
すいません、またまた玉子であります。

生パスタは、いつもの乾燥パスタと違って、しっとり感がありますね。
カルボナーラもねっちょり感があってまずまずです。
でも、なんだか口の中に残る違和感がある味。キノコかなぁ?イベリコ豚の
味かなぁ?
この間吉祥寺で食べた、イベリコ豚の生ハムは美味しかったんだけど。(ね)
あまり強い香りと味がする物は、玉子のソースには不向きですかね。

そして荷物を沢山持って、帰還。ああ、お供は疲れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発売(BlogPet)

きのうsugiの、発売とか突入するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「おやすみぱんだ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月12日 - 2008年10月18日 | トップページ | 2008年10月26日 - 2008年11月1日 »