« 2009年6月28日 - 2009年7月4日 | トップページ | 2009年7月12日 - 2009年7月18日 »

ちょっと遅れた七夕

七夕には間に合いませんでしたが、
今日、ウン十年たってやっと逢うことが出来ました。

学生、中学だったか、高校だったかの遠い昔、
FMラジオである曲を聴きました。
(人だと思った皆さん、すいません~)

とある映画の曲。
演奏は、誰もが一度は耳にしたことがあるけど、名前は知らない人が
多い、あの人。
哀愁漂うメロディ。
力強いトランペット。

でも、その映画を見ることはなく、聴いたのも、その時の1回きり。
レコードの発売も、ビデオもなく、CD,DVDなんかは姿も見えず。
たまたま、エアチェックしていたテープが宝物になりました。
後に映画のストーリーを聴いて、この曲と重ね合わせると、
それだけで涙腺が刺激されてしまいます。

最愛の妻と子供を火災で失い転落してしまったトランペッター
母に捨てられた少年
この二人がお互いに生きる勇気を与え....
季節はちょうどクリスマス...

主演は、バートヤング。音楽はビルコンティ。
そう、ロッキーのチームが製作したそうです。
タイトルは、Uncle Joe Shannon
演奏は、ニューヨークへ行きたいか!の番組でおなじみの
超高音のトランペッター メイナード・ファーガソン。

以前からことあるごとに探していたのですが、
ここへ来て、なんとCD化されたのです。
それを知って、文字通りこおどりしてタワレコに注文し、本日到着!
長いこと、CDを買って、集めていますが、このなに嬉しい一枚は
ありません。
P1000868

YouTubeにでも動画があればいいのですが、見つからず、
この感動の曲を載せられなくて、残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の太極拳稽古 ひさびさ

仕事の都合だったり、体調が悪かったりして、しばらく間が空いてしまいました。
今日はどちらもバッチリ。ひさびさの稽古です。

お休みしている間に、場所が変わってしまい、うろうろしちゃいました。
こんな時、iPhoneは便利です。Googleマップはストリートビューも出ますしね。
(touchは出ないのです)

準備運動で体をほぐした後は、太極採気法15分。
今日は、ひさびさなので、ひたすら無極トウ。
両手は丹田のところに両手の労宮ケツをあわせておいて、少し腰を落とします。
呼吸は逆腹式呼吸。

けれど、今日はなぜかすわりが悪いというのか、ちょっと姿勢が落ち着きません。
時間がたつと、足がグラグラしましたし。
ブランクは大きい。ピンチ?!

続いて、老架一路の套路。
これは無事出来ました。習い始めて以来の長いブランク。突然わからなく
なっちゃうかなぁと心配でしたが、大丈夫でした。ピンチ脱出!
第四十九式の玉女穿梭の解説と注意点を教えていただいた後は....

新架式 !!

え、老架二路は??
またまた初めての套路です。
先生と皆さんの動きを一生懸命まねしましたが、老架と異なり、細かい動きが
満載。
う~超特急でブランクを埋めねば~

にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七夕に

なぜか眠い一日でした。
コーヒーに黒いガム、ラ・バンバの曲のCMでおなじみのメガシャキ、
いろいろ試しましたけど全敗(>_<)

さて、今日は七夕。
星空を見上げると、なんかいいことあるでしょうか。

問題。
星と言えば、どんな曲?
Simply RedのSTARS

ちょっとひねって、Hear' AidのSTARS

ハードロック版We are the Worldですね。
ボーカルならぬ、ギターソロでつなぐ間奏はかっこよいです。

でも、今日私のiPhoneから流れてきたのは.....

今思うと、映画の内容は???でしたが、巨匠ジョン・ウィリアムスの
美しい旋律がきれいです。
特にピアノが流れるように響く、OVER THE MOON。
残念ながら最近のCDには入っておらず、このEnd Creditの一部で少し
流れるピアノだけの曲なんです...

もう一度聴けるように、星に願ったりしちょうおうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイケルの曲作り

見ました?
昨夜のBS。
ここのところ時の人、おなじみ(?)西寺郷太さん。
またまたマイケルジャクソンを語ってました。

途中から見て、最後まで見なかったので、見たところだけですが、
マイケルの曲作りの凄さについて。

彼の曲には、ベースラインとボーカルが同じフレーズをとる曲が多く、
曲によってはギターも同じフレーズをとるそう。
変わった曲作りで、単調になってしまい、何曲も続かないそうですが
彼はこのスタイルで何曲もヒットをとばしているのが凄い。
ナックのマイシャローナも同様な構成になっていたそうですが、
こちらは残念ながら一発屋で終わってしまった という話。

なるほど、確かにそんな感じ。
さすが分析が深いねぇ~ 西寺さんすごい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月28日 - 2009年7月4日 | トップページ | 2009年7月12日 - 2009年7月18日 »