« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

冬休み二日目

ようやく、というか、あっという間に冬休みになり、早くも二日目。
やっぱり、慌ただしかったのか、あるいは気を使いすぎたのか、
仕事の最終日の就業時間が終わったとたん、どっとくたびれてきました。
休みになって、家の片付けものをしたり、買い物に行ったりしたのですが、
なにやら眠たい日々...
このまま、やろうと思ったことの半分も出来ずに、だらだら年末年始に
なりそうな感じです。


さて、オーナーのACID JAZZ & Houseコーナーの第一部のとりは、
タイレル?ティレル? 昔F1にでてきた、六輪車じゃないですが、
THE TYRREL CORPORSTIONのBETTER DAYS AHEAD。
ちょっとレアなのか、主要な動画サイトにビデオがありませんでした。
↑のリンクでちょっと聴けます。
でも、シンプルなピアノとコーラスにハウスなリズム、よい明日に向かって
がんばろうという、結構いい感じの曲だと思うんだけどな...
第二部は、CDライブラリをあさって、ネタを仕込んでからまた!

THINK TWICE

書くことで意図的に頭を整理する。」
とは、この間TVでやっていたお話
確かに、昔からそんなことをしていたような気がします。
裏紙に図を書いてイメージの確認。
その日やらねば行けないことを書き出して、今日のメニュー。
ToDoリストって言うんでしょうか。
TVで見たせいではないですが、最近マインドマップなるものを研究中。

はじまりは、部署の仕事の確認と、締め切りの共有化に便利なもの探し。
いろいろ試したなかで、これがうちにはあいそうな雰囲気...
試しに、ホームページの構成をこれで作ってみました。
なるほど、よくできているなぁ。普通に考えるより、いろいろ深く考えられる
感じがします。よくできてるなぁ。
でも、うーんとうなると、眠気が...zzzz


えーまだまだ続く、オーナーのコーナー。
これはちょっと珍しいかも。でも、雰囲気いいですよ!
ワウワウギターにストリングスがいい感じです。

Runaway

いい天気の日曜日です。
掃除して、布団を干して、クリーニング屋さんまで行ってきました。
忘年会は別の用事があって行けず、紹興酒は飲みに行けず、静岡ガンダムにも
行けずといけず三兄弟でがっかりしていたら、名古屋の社長.H。から上京の連絡。
どこのお店にいこうかな。


さて、オーナーのコーナー。
今回はまた歌ものに戻って、しかもUKを飛び出ましてNY。
NY生まれのプエルトリコ それがNuyorican Soul(にゅーよりかん・そうる)。
このCD、当時買いに行ったら2枚組。それも厚いタイプのケースで、今でも我が家の
CDタワーで目立っております。


寒くてCoolな一日

寒い寒い一日でした。
いつもより1枚多く着て会社に向かいました。
たいてい地下鉄では、暑くなって脱ぐのですが、今日は行きも帰りも
着たままでした。全国的にも寒かったようですね。

しかし、なんだか今週は眠くて仕方がありません。
今日も午前も午後も画面を見てうなっていたら、気を失っていました。
どうしちゃったんでしょうか。
日曜日の大会の疲れだったりして...いろいろ気をつかって疲れていたのかな。
もう一日がんばります。


さて、オーナーのコーナー ぱふぱふ~
ACID JAZZに始まるいわゆるクラブ発の音楽は、いろいろなジャンルで
登場してきました。そこで、これまでのソウルフルな歌ものとは違って、今日は
とってもCoolなやつをご紹介。
と言っても、以前もここで書いたことがあるので、改めてです。。
まずは、定番(?)ギターです。
帝王マイルス・デイビスのSo Whatをギターでカバーしたのがこの曲。
この曲はいろいろな人がカバーをしていますが、これは、このセンスに脱帽!
インストやフュージョンなど聞かない方も試しにどうぞ。
Ronny Jordanは、ACID JAZZを語るとき絶対入るアーチストの一人と思います。


そしてもう一つの楽器は、ビブラフォン。
ルパン三世のテーマでおなじみですね。
これがACID JAZZになるとこうなるというのが、このバンド。
その名もVibraphonic。
まぁひとつ聴いて見てくださいな。もう、うなるしかありません。

MAGIC

いやいや、なかなか上手くいきません。
というのは、最近会社でこっそり研究(?)しているLifeHackな
ソフトの導入。職場の皆さんの作業が楽しく、楽になればラッキーです。

そこでとあるソフト探してきて説明を読むと、あれ入れて、これ入れて、
こう設定して、ああせい、こうせい...その間をぬって、お仕事続行。
それでもうまくいっていたのですが、昨日途中でなにやらエラー発生。
ぐーぐる大先生と本を参考に調べて、やっと解決。

しかし、そこで終わらず、次に進むとまた新たな問題発生。
と、昨日今日とその繰り返し。ちょっとづつ終わりに向かっているよう
なんだけど、今日の最後でまた新たな問題発生でがっくり帰宅。
先は長いか短いか....すんなりできる魔法を知りたい!!


と、無理矢理つなげて…
オーナーに気に入っていただけた最近の特集。まだ勝手に続けちゃうことにします。
今日はこれです。

D'Influence(ディーインフルエンス)のMAGICという曲です。
最初の虫の鳴き声におや?と思うのも一瞬のこと。のりのいいリズムに、一度聞くと
思えてしまうサビ。まさに
MAGIC!

jazz in the house

勝手によしくんシリーズ(ごめんなさい)こと、
一度いろいろ続けたかった、ACID JAZZとHouseな曲シリーズ。
90年代は、J-waveと輸入CD屋さんのおかげで、たくさんCDを買いました。
その中のジャンルでも多いのがこれら。
JAZZ/フュージョンも好き、ロックも好き、ソウルフルな曲も好き、ポップだってOK
なになにHouse、いいじゃん。
そんな、私を見透かしたようなタイトルの曲がこれ。

COUNT BASICのjazz in the houseと言う曲です。
タイトルにまいったのに、最初から、私のツボをついてくるイントロ、
いい感じで鳴るホーン隊。ベースラインもちょろりんと入るギターも
ほらほらどうだという圧力を感じてたまらず購入。
CD WALKMANのヘビーローティションになりました。
ガリアーノ+インコグニートみたいなこのバンド。いかがでしょう。

大会終わる

練習に通っていた太極拳の大会(表演会)が無事終了しました。
複数の教室で合同表演だったのですが、当日まで全員そろっての練習は
なし。並び順も直前に決定(>_<)
でも、今日本番前に全員で練習してみたら、あら不思議。
一回目から、だいたいあってるは、後ろで流す音楽にもうまい具合に
あいました。
これまで、曲が早く終わったり、あるいは反対に曲より先に終わって
しまったりしていたのに...
さすが先生の指導のたまものです。
そこで、あんまり練習して深掘りすると、おかしくなるので(笑)
事前練習は、都合二回で終了。本番へゴー。(古い)

その本番は、緊張する間も、息を整える暇もなく、あっという間に
はじまって、あっという間に終了。
いい感じで終わりました。みなさん笑顔でしたので、きっとそうです。


今回、嬉しいことに、同じ教室の方、つまりは後輩にあたる方が
表演会デビューを果たしました。
デビュー出来るようになったこと、そしてこれまで一人きりだったので
嬉しい限りです。あんまり嬉しかったので、他の皆さんに紹介しまくって
きてしまいました。

そして、午後は先生方の演武を見学。
先生の演武はいつ見てもかっこいいです。
さらに、この日は特別に大先生も登場。演武を見られて感激したのですが、
それがなんと、曲がデ、デ、デスペラード! イーグルス!?!
バラードとは言え、アメリカンロックの太極拳。
一人客席でうなってました..

The Brand New Heavies

第四弾は、もうひとつメジャー(だった)グループをひとつ。

さあ、もうイントロのドラムからキターって感じですね。

インコグニートが横綱なら、こっちはなんでしょう(笑)
シンボルマークの花と象がよくわかりませんが、当時両壁はなすグループでしたね。
The Brand New HeaviesのNever Stop.


続いては、もう一つのヒット曲。Dream Come True。
ギターとパーカッションのぽわ~んとした1発が入ると、早速あおる
ドラムのリズム。
このグループは、このかちっとしたドラムが特徴的ですね。

ベテランさんと

やっと土曜日です。
昼間も夜も慌ただしかった1週間でした。
師走だからかなぁ。

今週も太極拳の練習に行ってきました。
先生の地元の教室までの遠征なので、行き帰りが大変でした。
でも、行けば練習は楽しいのです。
体の調子も良くなるし。もっと近ければ言うこと無いんだけどなぁ。

この日は、前のクラスの終わり待ちの間、廊下で練習していたら、
一緒のクラスの方に「雑だなぁ(笑)」と言われてしまい、教えを請うことに。
「ほらほら、もう少し力まないでいいんだよ。汗もかかないよ」
「こう腕をとってさぁ、こうひいていくイメージだよ」
さすがベテランさん。なんだか先生が2人いる感じで、ラッキーです。

そして、先生との練習開始。
大会も間近なので、動きの気になるところのポイントを3ヶ所。
「ここは、こう両腕を捕まえられたときに、こう回すと外せてしまうと
いう動きで...」
「いてて..」と、先生の腕をつかまされていた、さっきのベテランさん
バランス崩して倒されてしまいました。
で、今度はベテランさんが私の腕を捕まえて、私が外す役....
「ん~ん~ 動きませ~ん (>_<);」
そんなに思いっきり押さえなくても~

「じゃ、今度は押さえてみて」
よーし。えい。  ......あれ?外されちゃった。
どうやら、ポイントは、腕を回すだけでなく、同時に腕の軸に沿っても
回転させることみたい。
再挑戦。おお、今度はちょっとぎこちありませんが、
なんとか外すことに成功です!!
なるほどねぇ、こういうイメージを持ちつついつもの套路をしなきゃ
いけないんだなぁ。

インコグニート

さて、よしくんシリーズ(?)第三弾。
なるほど、ソウルにACID JAZZと来ましたか。

最初に有名になったのは、トーキングラウドというレーベルから出た
アーチスト達。
ガリアーノとかUFOとかオマーとか買いましたよ。

ギターのブルーイ率いるインコグニートもそのひとつですよね。
まずはこれから書かないと。でも、このバンドはもはや説明不要かな。

トヨタのRAV4のCMで使われたJump To My Loveはかっこよかったですね。


このリズム感とMaysa Leakでしたっけ。彼女のボーカルのパワーとあって
傑作の曲だと思います。

さらに、EveryDayとか初期の頃のDon't You Worry 'Bout A Thingが好きですね。

つづく

考え事

最近いろいろ考え事。
会社でも、ここどうしようか、あーしようか、またはどうなってるんだ...
CMじゃないけど、「ああ固まった~」
背中や腰が固まって痛いこと。首もがちがち。
いかんです。

太極拳の大会が迫ってきました。
と言っても、こちらは緊張もなく、ただ楽しみに待つばかり。
今週練習に行くと、教室のホワイトボードに懐かしい文字が書かれていました。
立身中正
虚霊頂勁

立身中正は、姿勢をまっすぐにすること。
虚霊頂勁は、頭上から何かで吊られているイメージで姿勢を保つこと
共に、太極拳の姿勢の要領の教えの言葉。
以前、先生に教えていただきました。ちゃんと覚えてましたよ。

あ!そうか。
柄にもなく考え込んで、固まっている場合ではありませんでした。
先生、タイミング良すぎです。聞こえましたか?
来週は力まないで、力を抜いて行きます。


Think と言えば、
アレサ・フランクリンの曲。映画「ブルースブラザース」の中で、本人が歌っていましたね
バンドに戻るという旦那に、何考えるんだと迫る歌。
あとは、有名なセリフ「Don’t Think.Feel!」 あんな怖い顔して言わなくても。
そして、T-SQUARE時代のスクエアにも、When I Think Of Youという名曲があります。
ぼーっと、そらを見上げながら聴くには最高の曲ですよ。
スクエアには、アルバムの最後に、よくこういうぼーっとソングがあって毎回楽しみでした。

でも、やっぱり同名のこの曲が好きですかね。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

昨日と今日の訪問者

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

E-KAISEKI


Google Analytics


無料ブログはココログ