« 丸亀製麺 | トップページ | ジャーマンアイリス その2 »

チャイナシンドローム

いつだっか、中学生の時だったかな?
映画館に映画を見に行くようになったころ、見たのがチャイナシンドローム。

TVのレポーターのジェーンフォンダが取材に行った原子力発電所。
そこでトラブルらしきものが発生。
実は、そこではあわや重大なトラブルが発生するところであった。
重要な問題を発見してしまった技術者が問題を公表しようとして….
というサスペンス。
チャイナシンドロームとは、アメリカの原子炉がメルトダウンしたら、地球の反対側の
中国まで溶けていってしまうのでは ということ。

当時話題になったので、見に行ったと思います。
話題性はありましたが、中学生の私にはサスペンス性も低い地味な映画で、内容も
ピンと来ませんでした。
けれど、今回の事故の報道を聞いていたら、「前にどこかで聞いた話と同じ!」と
この映画を思い出しました。
記者会見の場でも、”チャイナシンドローム”という言葉が出てましたね。

う~ん

|

« 丸亀製麺 | トップページ | ジャーマンアイリス その2 »

コメント

sugiさん♪
☆ハウディ!

主演のレモン先生はボクの心の師匠です。
先生からは弟子にした覚えはない!と言われましたが(笑)

確か、原子力発電に疑問を持つジャーナリストとその必要性を訴える技術者、
それに利益優先の経営者…そんな話でしたね。

今の日本では映画の中の話どころではなくなりましたが。。。

投稿: Hs | 2011/05/14 23:10

Hsさん、コメントありがとうございます。
お疲れ様でした。
あら、師匠でしたかhappy01
はい、そんな話でした。
まさに同じ話になってしまうとは、なんとも言えません。

投稿: sugi | 2011/05/15 16:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89807/51668566

この記事へのトラックバック一覧です: チャイナシンドローム:

« 丸亀製麺 | トップページ | ジャーマンアイリス その2 »