« Begin The Beguine | トップページ | Lifetime of Love »

When a Man Loves a Woman

暗い客席に突如当たるスポットライト。
現れたのは、

マイケルボルトン。
ご存じですか?
80年代の終わり頃、アルバム「Soul Provider」がヒットしました。

長髪、ジャッケト&ジーンズでパワフルに歌う彼がかっこよかったのを思い出します。
かすれ気味な声なのに、どうしてこんなに伸びるのでしょう。

How Can We Be Lovers はロックのバラードのようで好きな一曲。
そして、サビにタイトルを熱唱するこのバラード。
一緒に歌えたらかっこいいのですが、とても舌が回らず歌えません(>_<)

|

« Begin The Beguine | トップページ | Lifetime of Love »

コメント

こんにちは。

先日はおつかれさまでした。
楽しいライブでした。

それにしても暗闇の客先から現れたのは...
ただのおっさんかと思いましたが歌を聞けば
やはりマイケルボルトンでしたな...

投稿: martha | 2011/10/23 17:38

marthaさん、コメントありがとうございます。
先日はまたありがとうございました。
"ただのおっさん"笑
歌えばそうでないのですが、ずいぶん歳をとった感じがしました。

投稿: sugi | 2011/10/24 21:26

お疲れ様でした~
びっくりしましたね!!
マイケル・ボルトン、名前とその1曲くらいしか知らなかったけど、歌いっぷりに感動しました。もっと聞きたかったな。プレイヤーもよかった!!
そばであんな美声を聞けてほんと幸せでした♪
来年も来るといいですね。

投稿: はまっこ | 2011/10/25 20:10

はまっこさん、コメントありがとうございます!
先日はありがとうございました。
実は今回1番楽しみにしてました。
登場した時は変貌ぶりに一瞬誰だかわからなかったのですが、
声を聞いて納得。立ち上がってました。
prayerよかったですね!

投稿: sugi | 2011/10/27 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89807/53063445

この記事へのトラックバック一覧です: When a Man Loves a Woman:

« Begin The Beguine | トップページ | Lifetime of Love »