« 重低音 | トップページ | 点滅 »

芝刈り

今シリーズ、芝刈り3回目。
どうも途中で、芝刈り機が止まってしまう。

よく考えてみると、止まってしまうのは当たり前。

  • 刈った芝が入る後ろの袋をとっていた
  • 刈る方向が一方方向ではなかった

刈り取った芝ですぐに袋がいっぱいになってしまうので、後でまとめて片付けようと、袋を取り外していました。
これが一番の原因。
刈った芝は、袋がないので刃の回転する方向、芝刈り機の左側へ吐き出されます。
往路は進行方向の左側から反対に戻ってくるので、刈ったばかりの芝を芝刈り機が吸い込んで、そのうち止まる。
これじゃダメじゃん。

そんなわけで、進行方向の右へ右へと一方方向に刈るようにしたら、ノンストップで刈れること、刈れること。
効率よく、きれいに仕上がりました。

このような曲のジャンルがブルーグラスというのを知ったのは、この映画で。

速いテンポでずんずかずんずか行く、のりのいい曲。
前作の方では(子供の頃、最初に覚えた洋楽の)ローハイドがありましたが、ローハイドもブルーグラスなのかな??
ともかく、前作も2000も、この映画は曲のセンスがたまらなく好きです。

|

« 重低音 | トップページ | 点滅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89807/64225866

この記事へのトラックバック一覧です: 芝刈り:

« 重低音 | トップページ | 点滅 »