« 2017年8月13日 - 2017年8月19日 | トップページ | 2017年9月3日 - 2017年9月9日 »

草刈り機 オプション 取り付け編

さて、便利そうな道具を買ったはいいのですが、
自分の草刈り機につけられるかどうか。
製品の説明も、使っている動画も全部エンジン式の草刈り機で使っている様子です。

高儀 EARTH MAN 18V 充電式 2WAYグラストリマー GGT-180LiA

まず、名前がかっこいいジズライザー。

結果は○。
ジズライザーに付いている芯出しゲージ(中心の穴に入れて、軸が中心にくるように調節するワッシャーみたいなもの)
を入れて(M8)、草刈り機についている刃をとめるネジ(ナット)で装着できました。
次にプラッターミニ。

結果は△。
プラッターミニのオレンジの部分と緑のお皿である程度高さがあるので、草刈り機の刃をとめる軸が短いかくてはいらないかな
と思ったのですが、軸は大丈夫でした。
ただ、草刈り機の刃をとめるナットが、凸の字の上下反対の形をしていて、ネジが先の細くなっている部分にしか切られていません。
このため、草刈り機の軸をネジ止めできませんでした。
ただ、普通のナットぐらいの高さのものであれば、ネジ止め出来そうなので、M8のナットを買ってくれば良さそうです。

しかし、逆ネジのナットなんて近所に売っていないなぁ。。。探してこなきゃ。
ということで、動作/作業編はナットを見つけてきてから。

草刈り機 オプション その2

プラッターミニを買うことにして、Amazonを見ていたら、さらに違うものを発見。

なんと、今度は金物の刃の下に取り付ける刃の押さえ板 Zizlizer(ジズライザー)
名前がかっこいい。
これも、地面につけて草刈り機を操作できる便利なもの。

いろいろあるものですね。
このジズライザーにもいろいろ種類があったのですが、一番小さくて、高さも低いジズライザープロを買うことにしました。
しかも値段は1340円! プラッターよりずいぶん安価。
これで作業が楽になるといいなぁ。

草刈り機 オプション

雨続きの夏休みだった東京地方。
それが一転、夏休みが終わったら、またまた暑さが復活してしまいました。
ちょうど、仕事も色々あった週でもあり、なんだかくたくたであります。

前回の草刈り機導入で少し楽しい草刈り作業になったのですが、
草刈り機の刃も、地面から少し浮かせて作業するのですね、
ずっと振動するものを持ち上げた状態になっているので、終わるとやっぱり腕が疲れます。
何かいい手はないか?

いろいろ見ていたら、こんな動画を発見しました。

わぁ、なんだこれ。
ナイロンカッターの下にお皿が付いていて、地面を滑らすように押していけばOK。
こりゃ楽だ。
ナイロンカッターなので、太いくさなどはダメかもしれませんが、家庭用ならこれで十分!
何しろ地面から持ち上げ続けて作業しなくてもいいのは便利です。

早速調べてみると、いくつか種類があるようなのですが、違いがよくわかりません。
そこで、販売元に問い合わせてみました。
種類の違いは以下の通り。


■プラッター楽ネオ
・ディスクサイズ径は250/300/350/400mm
・エンジン排気量によってディスクサイズの制限あり
・ナイロンコードは差し込み/巻取りどちらも可
・市販のナイロンコードでも代用可

■プラッターライト
・ディスクサイズ径は250/300mm
・ナイロンコードは差し込み式
・市販のナイロンコードでも代用可

■プラッターミニ
・ディスクサイズ径は200mmのみ
・エンジンへの負荷が一番少ない
・ナイロンコードは差し込み式
・純正コードのみ使用可

むむむ、よくわからないぞ。
要はお皿のサイズと使えるナイロンコードの差らしいのですが、
でもそうしたら、お皿が250mmだとすると、どれがいいんだ?
結局、販売元でも電動草刈り機とセット販売しているという、ミニにすることにしました。


また続く

« 2017年8月13日 - 2017年8月19日 | トップページ | 2017年9月3日 - 2017年9月9日 »

昨日と今日の訪問者

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

E-KAISEKI


Google Analytics