カテゴリー「映画・テレビ」の173件の記事

スペクター

Amazonのプライム・ビデオで、昨年見損なった「007 スペクター」を観ました。

前作のスカイフォールがおもしろかったので、期待していました。
しかし、プライム会員なので、公開したばかりの映画をただで観られちゃうのは、うれしいやら、
ちょっと複雑。

話は前作の続きと007シリーズの悪役組織スペクターの話。
んー悪そうじゃない。
昔のスペクターは、もっと悪者だったような気がするなぁ。
そして、基地。
なんだか前前作の慰めの報酬の基地みたい。砂漠の中の建物で。
建物と言えば、雪山の上にある診療所(?)は不思議な感じの建物ですね。
あれは、この映画のためのセットなのか、本物の建物なのか。

最近このシリーズでは、ロンドンの町の風景がよく出てくるので、楽しみです。
自分が行ったところが出るのってうれしいですね。
あのMI6の本部のビル(今回は廃墟になってしまっていますが)も観てきました。
観てきたと言うより、現地のバスツアーで横の橋を通っただけですが。
そして、最後の方にでてくる、ビッグベンの横の橋。あそこも、てくてく歩いて渡ったところ。
この監督、景色を撮るのがうまいと思うのですが、どうですか??

主題歌のサムスミス。旬なアーティストを持ってくるところはさすがですね。
でも、なんか地味な曲だなぁ。

ということで、スカイフォールを観た後では、いまいちかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Night Shift

先週は、iOS9.3がリリースされたので、ニュースはその関連が多かったですね。
iOS9.3と言えば、ブルーライト防止の為の機能で画面の色合いが変えられるNightShift。
早速使ってみています。
なかなかいい感じです。
PCメガネを新しくしようと考えていたのですが、これでちょっと保留できるかな?

NightShift、名前が気に入っています。
それは、80’sな私には、NightShiftと言えばこれだから!

クォーターフラッシュが歌う、映画「NightShift」(邦題:ラブinニューヨーク)の主題歌であります。
哀愁漂う感じの女性ボーカルとSAXの音で好きだったこのバンド。

後のバットマン、マイケルキートンのデビュー作なんですね。へらへらした役ででていました。
この映画、監督ロンハワードですが、内容はともかく、実は音楽が凄い。
NightShiftは、作曲はバートバカラック、作詞はキャロルベイヤーセイガー。
アルジャロウにポインターシスターズ、Talk TaklにHeven17。そしてエンディングはロッドスチュワートのThat's What Friends Are For。
ここで何度も登場していますが、ディアンヌワーイックと仲間達がヒットさせた、愛のハーモニーの
オリジナル。
LPは持っていますが、CDがあったらぜい欲しい一枚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

スターウォーズ フォースの覚醒(スターウォーズと私 その7)

やっとスターウォーズ フォースの覚醒を観てきました。
3/25で劇場公開が終わるというので、ちょっと焦りました。
やっぱり、リアルタイムで全作観ているものとしては、行く末が気になります。


※これまでのエピソード

今回から配給がディズニーに代わって、二十世紀FOXのファンファーレからの
a long time ago in a galaxy far far away…
ではなかったけれど、エピソード1~3の時に感じた違和感なく、楽しめました。

されは、敵基地での「ダストシュートはあるか」、溝のなかを飛ぶx-WingとTIEファイター、酒場のバンド
などなどエピソード4~6の世代向けのサービス。
ただ、酒場に入る際は、ドロイドは入れるな!と言わせないと


そして、おなじみファルコン号の飛び回る姿(飛ばしすぎ!)や、待ちに待ったx-Wingがたくさん飛ぶ姿。
過去の主人公3人にチューイにドロイド2体の製でしょうか。
ルークlは…ちょっと微妙だったかな。
今回は、早々と次々ネタバレしちゃって、おおっというのはなく、重厚感もあまり感じませんでしたが、
新しい主人公達もなかなか。
フィンとポー、ファーストオーダの女性兵士(?)はこれから見せ場がくるのであろうか?

今回はIMAX 3Dで鑑賞しました。
3Dと言えば、アバターと比べて、スターデストロイヤーが飛び出て見えたりして、ずいぶん進歩しているんですね。
だけど、メガネはちょっと下にずり落ちてきていまいち。
こちらも進化期待してます。

そして、毎回楽しみにしているサントラ。
過去のテーマに、新しいテーマがどのように重なるか。
しかし、今回のテーマははなぜか難しいものばかり。
予告編で聴いている限りでは、おおっと言うものばかりだったのですが、全編を通して聴くと、なぜか映像が浮かび上がらない。
どうしてなんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

東山の金さん

週末雪は降らなかったのですが、とても寒い東京地方です。
でも、その中、自転車に乗ってスーパーへ買い物に行けました。
再発したら。。。という不安はあるものの、腰の調子もよくなってきて素直にうれしいです。

さて、訃報が続きます。
普段、家族が時代劇チャンネルをよく見ているので、横目でのぞいていたのですが
最近ははまってしまってよく見ています。
勧善懲悪のストーリーで、最後に悪いやつをやっつけるというおきまりのパターンではありますが、
安心して見ていられて、いいのです。
子供の頃は、なんとなく暗い感じがしていやだったのですが、年齢でしょうかね。
そんな中、初代の東山の金さんの中村梅之助さんがなくなったとのこと。

はきはきして、気っぷの良さの金さんが子供心にとても印象に残っていました。
そして、最近時代劇チャネルでの、その東山の金さんがはじまったばかり。
ああ、暗い感じがしていた時代劇、この人のはそんな感じがしなくて見ていたなぁと思い出したところでした。
さらに、このテーマソング!


ついつい、くちづさんでしまいます。
歌っている人が、親分&子分ズ という名前のグループだっていうのも、最近知ったところでした。
ああ、残念。ご冥福を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

お茶漬けの味

何十年かぶりに出た「孤独のグルメ」第二巻。
どこかで見たような、風景の絵。
IMG_2335

それは、近所の和菓子屋さんに行く道の途中にあるお店。
自転車がおいてある構図も同じ。
本には、「お茶漬け みはと」とありましたが、本物はここ。
なんでまた、こんな大通りでも何でもないところの店が出てくるのかなぁ。

本屋でたまたま見つけた独特な感じの絵。
主人公が食べている絵に引きつけられ、なんども読み返した本でした。
それが、何回もテレビ化され、こんな人気になるなんて想像もしていませんでした。
でも、おかげで第二巻が、それも全然変わっていない感じの内容で読めて、
とってもうれしいです。

この間の西荻窪のハリラスープ飲んでみたい!電車から見えるんだよねぇ。
台湾編、あれもいいないあぁ。食べてみたいなぁ。

作者の先生、黄金色のジュースばっかり飲む人じゃなかったですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

みどりの日

今日はみどりの日。
木々の緑が鮮やかです。
うちのレモンの木も緑の葉に混じって、ピンクのつぼみがでてきました。
冬にはレモンができるかな。
IMG_2089 

緑と言えば、ブルースブラザース2000のGhost Riders in the Sky。
1の方では、いろいろ印象に残った曲が多かったのですが、2000ではこれと
634-5789かなぁ。
ブルースブラザースバンド、また見たいなぁ。

おっと。
この曲のジャンルは、グリーングラスではなくて、ブルーグラスだった (>_<)
オチ失敗。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Everybody Dance Now!

TVから流れてくる音によく反応します。
最近はこの曲。
90’sにおなじみC&C FACTORYのEverybody Dance Now。
Everybody Dance Now!という叫びと、じゃじゃじゃじゃじゃーんというフレーズが
印象に残ります。

これが 、コナミでエクセサイズ!

になるので笑ってしまいます。
なぜいまごろC&C FACTORYなんだ??
そして、なぜローマ人?? 笑
C&Cならこれだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

寂しいニュース

今日読んだ寂しいニュース。
中学生の頃から通った映画館。

新宿ミラノ&丸の内ルーブルが閉館へ - シネマトゥデイ新宿ミラノ&丸の内ルーブルが閉館へ - シネマトゥデイ

大きな劇場の迫力ある大画面で映画を見てみたい。
そんな希望を叶えてくれる、大きな劇場。
映画を見に行く日には、ちょっと特別な感じがして、朝からわくわくして電車に乗りました。
うちから一番近い場所が新宿。
その新宿にある二大大劇場が新宿プラザと新宿ミラノ。
スターウォーズや007を見に行った新宿プラザ亡き後、がんばっていてくれた新宿ミラノですが、残念ながら閉館とのこと。

この劇場では、1941,ブルースブラザース…

そして、ハンター!

スティーブマックイーンの最後のアクション。
劇場から出るときには、すっかり気分はマックイーン。かっこよかった。
帰り道には新宿MGCに直行!
劇中、マックイーンが愛用するコルトガバメントをさわりに行きました。

そして、同じビルにあるシネマスクエアとうきゅうという劇場も閉館。
ここは、小さいけれど椅子が豪華で有名でした。
一度行ってみたかったのですが、ここで上映される映画はちょっと芸術系?で、若い男の子には苦手な分野。
そんな時出かけるチャンスがありました。
チャンスを作ってくれたのは、またもやマックイーン。
民衆の敵。スティーブマックイーンの遺作でした。
こう考えると、このビルはマックイーンに縁があったなぁ。
映画の内容は私にはまだ難しかったのですが、マックイーンのおかげで豪華な椅子を体験することができました。

ああ、寂しくなるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

だいじょうぶ

「結婚式で有楽町に行くので、その後飲まない?」
友人からのお誘い。

その日は、まだ背中の調子があまりよくなかったのですが、
しばらく合ってなかったので、終わる頃の時間に出かけました。
有楽町に着いて、地上に出るエスカレータ。
ついた旨のメールを入れて、改札を出ようとするとケータイが鳴りました。
見れば友人。

お、タイミングいいね。
長い付き合いなので、だいたい行動パターンがわかるんだね。
はいはい、もしもし。。。

「あーこんにちは。」
聞きなれない声。
「~です。以前何度か~」
聞けば共通の友人。”ああ、こんにちは。あれどうしたの?”

「あの、~さん、一緒に出席していたんですけど、見たことないくらいに酔っ払いまして、今トイレで。。。で、お会いする約束をしていたようなのですが、とてもお会いできる状況になさそうです。」
一瞬で状況を理解しました。
ははは。そうそう、こういう行動パターンもあったよね 笑
ということで、改札を出て、3メートルで折り返しターンで家路に。
これが本当のクイックターン。

その後、本人から謝りの電話がありました。
半分酔っ払ったまま恐縮する友人に
”だいじょうかぁ? こっちはだいじょうぶだから、気にするなよ。水飲んで休めったら。うん、だいじょうぶ、だいじょうぶ。。。”


映画の主題歌ですね。
空からイージーライダーのピーターフォンダの宇宙人が落ちてくるという不思議な映画。
この主題歌に惹かれて、観に行ってしまいました。
結末は、えーと。。。忘れちゃいました 笑
まあ、だいじょうぶ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

夏のサントラ その2

一方、夏のサントラ、はまってしまったのはこちら。

ある日の夕方、ちょっとTVをみたら、予想以上のおもしろさ。
スピーディな展開、迫力あるシーン、ずいぶん昔にみたそれとは全く違いました。
飛ぶのも早い、それもくるくる回りながら。
命令の復唱も違ってます。

「うちーかた、はじめ」

懐かしい音楽もそのまま。
そのままもありますが、え?こんなアレンジなかったよというのもあって、
そして、それが絵とマッチしていい感じ!

特にはまったのがこれ。
30分耐久版(笑)をつくる人がでてくるのもわかるなー

宮川彬良
posted with iTunesLinker at 13.09.14

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧