よく忘れる曲

よく聴いていた曲なのに、タイトルもアーティスト名も出てこない。
どこかでサビが聞こえると、ぱっと反応するのにタイトルもアーティスト名も出てこない。
そんな曲ってあったりしませんか?

私はこれ。

Easy Way Out~Easy Way Out~ Easy~
というサビが印象深いこの曲。
よく出た来ないのです。

これは、PraiseのEasy Way Out  (そのまま~)

Praise
Praise
posted with amazlet at 19.02.10
Praise
Warner Bros / Wea (1992-11-03)
売り上げランキング: 64,850

このアルバム きっと持っているはず。。。。笑

Angel in Blue

今週のアド街ック天国は成田山!
昔お参りに行ったなぁ。
で、その年、骨折したなぁ 笑

番組の中で、第二位だったか うなぎ屋さんの紹介。
ここで重要なのは、その後ろに流れていたBGM。

これだ!



J.Geils Band の Angel in Blue.
イントロのオルガンチックなキーボードが印象的な曲。
わー思い出した
なんともいえない哀愁漂う曲。よくぞこの曲を流してくれました。
好きだったなぁ。 
でも、これがなぜ、ウナギ屋さん??

さびのドラムがカッーン と響くのもいいねえ。

Freeze Frame
Freeze Frame
posted with amazlet at 19.02.02
J. Geils
Capitol (1990-10-25)
売り上げランキング: 204,959

ジェームスイングラム

ジェームスイングラム 亡くなってしまったのですね。

初め聞いたのは、クインシージョーンズのアルバム。愛のコリーダに収録されていたJUST ONCE.

The Dude
The Dude
posted with amazlet at 19.02.01
A&M (2018-07-06)
売り上げランキング: 45,623

そして、来日コンサートのテレビ放映で観た、歌う姿。
汗を飛び散らせながら熱唱する姿にファンになりました。
Youtubeすごいですね。多分当時観たのはこの映像だったかもしれません。


そうだ One Hundred Waysもこのアルバムでしたっけ?

その後の活躍はすごく、
これも好きなマイケルマクドナルドとの Yah Mo Be There。

これもかっこよすぎ。(いまだにコーラスで何歌っているかわかりませんが 笑)
今これを聞くと、こんなにドラムが強調されていたかなぁ
How Do You Keep The Music Playing?も身震いするほど素敵だった。
Baby,Come To Me
Somewhere Out There  etc…

最初に観た印象通り、パワーが伝わってくる歌唱が好きでした。
一度生で観たかったなぁ。 

このベスト盤確か持っていたはず。探さなきゃ。

Greatest Hits Power of Great Music
James Ingram
Warner Bros / Wea (1994-06-17)
売り上げランキング: 187

DR.Hook

新年早々残念な出来事。

ドクター・フックのヴォーカリスト、レイ・ソウヤーが死去 - amass


TVのワイドショー「3時のあなた」のゲスト(今思えば、どうしてこの番組だったのだろう)で
観て、その風貌とほのぼのした暖かい曲調のギャップにびっくりし
大好きになりました。
自称勝手に振興会会長を名乗ってよく記事を書いていたなぁ。

素敵な娘に出会ったら(When You’re in Love with a Beautiful Woman)
もうちょっとだけ(A Little Bit More)

愛がいっぱい(Better Love Next Time)

邦題も素敵だ。

Greatest Hits & More
Greatest Hits & More
posted with amazlet at 19.01.01
Dr. Hook
EMI Europe Generic (1990-10-25)
売り上げランキング: 129,607

残念な話 その2

えーと、書きたかったのは、前の記事じゃなくて、こっちの話。

やっと国内販売が始まったマーカスミラーの新譜。

LAID BLACK
LAID BLACK
posted with amazlet at 18.08.16
MARCUS MILLER
BLUEN (2018-06-01)
売り上げランキング: 3,335

よし、買う前に一応試聴だ、と思って聴いたのですが、
なんだか心に刺さらない。
外に向かわず、内に向かうような感じの曲。
まあ、これまでもそんな感じは多く、それでも心に刺さる曲があったのですが。
おかしいなぁ、あんなに好きだったのに。
今回は見送り。

そして、もう一枚。
以前からなんとなく懐かしさもあった気に入っていたPerfumeも新譜がでました。

最初の記事 ♪音楽アンテナ: 休業中日誌

Future Pop(通常盤)(DVD付)
Future Pop(通常盤)(DVD付)
posted with amazlet at 18.08.16
Perfume
Universal Music =music= (2018-08-15)
売り上げランキング: 16

こちらもずーっと買っていたのですが、なんだか今回は電子音感が強くて、
技術的な感じが強く、メロディが今ひとつ。
まあ、年々そんな感じが強くなっている感じはしていたのですが。
おかしいなぁ

私の気分的な問題なんだろうか。

TOKIO HOT 100

毎週日曜日の午後、J-waveでやっているTOKIO HOT 100が30周年だそうで、
コンピ盤を出すそうです。
http://amass.jp/108998/ 

この番組には大変お世話になって、いろいろな曲を知り、CDを買いまくった原因となった番組。
だんだんJPOPの比重が多くなり、聴かなくなってしまいましたが、90年代はもう大変。
昼寝なんかせずに4時間聞きまくっていました。

そのコンピ。リストを見たのですが、そのリストに少々もの申す。
洋楽編のDISC1はこんな感じです。

1.ギヴィング・ユー・ザ・ベスト / アニタ・ベイカー (1988)
2.イッツ・ノー・クライム / ベイビーフェイス (1989)
3.ドント・ウォナ・フォール・イン・ラヴ / ジェーン・チャイルド (1990)
4.エヴリバディ・ダンス・ナウ! / C+C ミュージック・ファクトリー (1991)
5.アイ・ラヴ・ユア・スマイル / シャニース (1992)
6.オールウェイズ・ラヴ・ユー / ホイットニー・ヒューストン (1993)
7.ベイビー・アイ・ラヴ・ユア・ウェイ / ビッグ・マウンテン (1994)
8.シャイ・ガイ / ダイアナ・キング (1995)
9.恋のマカレナ / ロス・デル・リオ (1996)
10.コズミック・ガール / ジャミロクワイ (1997)
11.ライフ / デズリー (1998)
12.アイ・ウォント・イット・ザット・ウェイ / バックストリート・ボーイズ (1999)
13.ハートビート /Tahiti 80 (2000)
14.サヴァイヴァー / デスティニーズ・チャイルド (2001)

いろいろ思い入れのある90’Sの曲。
BabyFaceは好きだし、うれしいのですが、やっぱりここは彼のプロデュース曲が
入るべき。BoyIIMenかなぁ。
BabyFaceが入るなら、ジャム&ルイスがないといけないので、プロデュースした
ジャネットジャクソンのこれを入れなければ。  このなんともいえない不思議な感じのPVに、ずんドンとするリズム。
まさにこの時代を代表する曲。

カミソリねーちゃんことJane ChildのDon’t Wanna Fall In Loveなんて、
よくぞ選んでくれたという1曲。結局1発で終わっちゃったけど、強烈なインパクトのある
曲でした。

C+Cミュージックファクトリーは、妥当な感じかなぁ
シャニース、ホイットニー、ビックマウンテン流行りましたね。
ダイアナキング、この番組でよく聴きました。

ダイアナキングなら、やっぱり ぐりぐりピザまんを入れなきゃ悪いよ。
かわいそうに、ゲストに来てピザまん渡したりしてさ。


さらに恋のマカレナ なら、やっぱりランバダじゃないかな。
ジャミロクワイは、コズミックガールじゃなくて、Virtual Insanityじゃなかろうか。

あとは、90年代ならハウスやニュージャクスゥイング系がなぜないの?
この時代はやっぱりこの2つでしょう。 
なんでもハウスのはしり。えびくま少年少女合唱団
ボビおくん



ヨーロッパなのに渋谷系とかワールドミュージックもないし、


そうそう、大活躍したポールハードキャッスル系(ソロ、JAZMASTERS,KISS THE SKY)もないぞ。
特にこの曲は聴くと、夏のけだるさと思い出します。


第一この番組最大のヒットと言えば、Stevie B の Because I Love Youがどうしてないのだ

いろいろ思うと、とてもCD1枚には入りませんね 笑

リズム・ネイション1814
リズム・ネイション1814
posted with amazlet at 18.08.13
ジャネット・ジャクソン
ユニバーサル ミュージック (2015-11-11)
売り上げランキング: 74,946
ジェーン・チャイルド
ジェーン・チャイルド
posted with amazlet at 18.08.13
ジェーン・チャイルド
ワーナーミュージック・ジャパン (1990-05-25)
売り上げランキング: 27,112

昔どこかで聴いたことのあるような感じ

昔どこかで聴いたことのあるような感じ。
すーっとして、透明感のある涼しげな曲。
そして、90’sに流行った感じのリズム。

そんな感じしません? (曲は2分14秒ぐらいから)

YouTubeで見て、気に入ってしまった週末でした。

地球が丸いなら
地球が丸いなら
posted with amazlet at 18.08.05
Sony Music Labels Inc. (2018-08-01)
売り上げランキング: 161

気分転換

体調が悪いと、気持ちも落ち込む。
飲みにゆこうか、なんか食べにゆくか。
いつも誘う相手は時間あるかな?
でも、そこまで元気がわかない。
こりゃまずい。

まず、朝の通勤は明るくなるようレゲエなプレイリストを作りました。
スタートはこんな感じ。

イッツ・ダ・スーパー・ベスト!!!
インナー・サークル スピーチ レディ・ソウ
ワーナーミュージック・ジャパン (2004-08-04)
売り上げランキング: 32,131

少しほぐれた?
次はyoutubeでみつけたおしゃれハウスミュージック1時間ノンストップメドレー。
youtubeみると色々なシュチュエーションのノンストップBGMがあるのですね。

朝の体調、気分とうまくあう曲だと、会社着いてからの調子が上り調子になりますが、選曲間違うと、Uターンして帰りたくなります。
選曲は重要です。

現在、一番元気が出て前のめりになるプロレス曲のプレイリストを聞く元気までは回復未達。


そう言えば、最近ジャニーズのテレビで、スタンハンセンの入場曲のサンライズのオリジナルの解説を
やったんですって?

いやぁスペクトラム。うれしいねぇ。
学生の時に好きでいたのですが、周りはみんなコミックバンドだなんって言ってたっけ。
先の時代に行っていただけなのにね~

オプティカル・サンライズ
スペクトラム
ビクターエンタテインメント (1991-01-21)
売り上げランキング: 64,848

春のライブは

春のライブのお知らせが続いてやって来ました。
まずは、ビルボードで、サウンド・オブ・ブラックネス
 

ゴスペルってよくわかりませんが、この曲はジャム&ルイス プロデュース。
おかげで先入観なしに楽しめました。

続いては、あのころよく流れていたこの曲。

映画の主題歌でしたね。
レゲエなこの曲。なんともほっとする曲でした。
後から知ったのは、この曲でSAXを担当したのが、当時好きだったSAXプレイヤーのウォーレンヒル。
よく見れば、ロン毛なスタイルはまさしく彼なのですが、当時はこのバンドのメンバーかと思いました。

そして、次は、ネーザンイースト。

ソロで来るのは、4回目?
これまではビルボードでしたが、今度はブルーノート。

さあ、いくつ行けるでしょうか?

Africa to America
Posted with Amakuri at 2018.2.24
Sounds of Blackness
Perspective Records
売上げランキング: 36123
Unity
Posted with Amakuri at 2018.2.24
Big Mountain
Giant Records / Wea
売上げランキング: 37410
Nathan East
Posted with Amakuri at 2018.2.24
ネーザン・イースト
YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS
売上げランキング: 72664
トゥルース
Posted with Amakuri at 2018.2.24
ウォーレン・ヒル
BMGビクター
売上げランキング: 658411

BGMチャンネルにはまる

なかなかしっくりくる曲に会わない昨今。
通勤時のBGMもワンパターン化。いかんねぇ

ある日YouTubeを見ていたら、

【作業用BGM】JazzインストゥルメンタルBGM - ラウンジBGM - 勉強用BGMということで
なんとも、ぼーっと聴いていて、心地のよい感じな音楽。
いろいろなパターンがあって、その時の気分にあう感じの曲であれば、流しっぱなしでOK。
中にはライブでストリーミングしているものあったり。
昔ながらの自分で所有して聴くスタイルでしたが、各種音楽の定額ストリーミングサービスが流行るのも納得してきました。

より以前の記事一覧

昨日と今日の訪問者

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

E-KAISEKI


Google Analytics


無料ブログはココログ